MVKのいろいろ

残り少ない人生、その楽しい余生のあり方を目下研究中

禊萩(みそはぎ)という花

2017年08月20日 | Weblog
これは、禊萩(みそはぎ)科、ミソハギ属の禊萩(みそはぎ)という花である。この花の開花時期は、 7/ 1 ~ 8/末頃で、やや湿ったところに咲く。この花のネーミングの「みそはぎ」は、「みそぎはぎ」を略したもの。「みそぎ」とは水を注いで悪魔を払うこと。「はぎ」は「萩」。旧暦のお盆のときに、ミソハギの枝を水に浸して、仏前の供物に禊ぎ(みそぎ)をしたことに由来する。長野県などでは、お盆の日に、花に水をつけて玄関先でおはらいをして祖霊を迎える。お盆の行事の一つである。
禊萩(みそはぎ)の別名は、「盆花(ぼんばな)」
 


  今日の誕生日の花:ノリウツギ(ユキノシタ科)   花言葉:臨機応変
 
  今日の一句:谷川のしぶきにわずか揺れながら 白く素朴にノリウツギあり  

  (NHKラジオ深夜便から引用)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 朝顔(あさがお)という花 | トップ | 猩猩草(しょうじょうそう)... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL