MVKのいろいろ

残り少ない人生、その楽しい余生のあり方を目下研究中

鍾馗水仙(しょうきずいせん)という花

2017年10月11日 | Weblog
これは、彼岸花(ひがんばな)科、ヒガンバナ属の鍾馗水仙(しょうきずいせん)という花である。この花は、10月上旬頃に彼岸花にちょっと遅れて、黄色いすっきりした花が咲く。花びらは、ちょっと「しわしわ」でぶ厚く幅が広い感じ。花から伸びるおしべの向きは、花の中央から一方向にまとまって伸びるのである。この花は、彼岸花(ひがんばな)科の掉尾を飾る花である。



  今日の誕生日の花:シュウメイギク、キブネギク(金鳳花科)   花言葉:忍耐

  今日の 一首:路地裏の空き家の庭に咲きながらシュウメイギクは何偲ぶらん  鳥海昭子

  (NHKラジオ深夜便から引用)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 菊芋(きくいも)という花 | トップ | カンナという花 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL