MVKのいろいろ

残り少ない人生、その楽しい余生のあり方を目下研究中

花海棠(はなかいどう)という花

2017年04月06日 | Weblog
これは、薔薇(ばら)科、リンゴ属の花海棠(はなかいどう)という花である。この花の開花時期は、 4/ 1 ~ 4/20頃、桜(ソメイヨシノ)に引き続いて咲く、春の代表花の一つ。これは、中国原産、江戸時代初期に日本に渡来した。それより前の15世紀に渡来した実の大きな「実海棠(みかいどう)」に対して花が美しいので「花海棠」と命名されたそうだ。花の色がなんとも美しい。開花前のつぼみが垂れ下がる姿もとても個性的、その姿は、さくらんぼに似ている。別名は、「海棠」(かいどう)「垂糸海棠」(すいしかいどう)
4月8日の誕生花 花言葉は「艶麗(えんれい)」



  今日の誕生日の花:イカリソウ   花言葉:あなたを離さない
  
  今日の短歌:大石田に茂吉の歌碑を訪ねし日イカリソウ雨に首たれていき  鳥海昭子

   (NHKラジオ深夜便から引用)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ブロッコリーの花 | トップ | 君子蘭(くんしらん)という花 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL