MVKのいろいろ

残り少ない人生、その楽しい余生のあり方を目下研究中

菊(きく)の花

2016年11月06日 | Weblog
これは、菊(きく)科、キク属の 仕立てた(きく)の花である。一般的な菊の花の開花時期は、10/20 ~ 12/20頃である。菊の花は、東洋で最も古くからある鑑賞植物らしい。勿論原産地は、中国。我が国には、平安時代に遣唐使によって中国から渡来。以来、改良が重ねられ多くの品種が生まれたのである。園芸品種としては、「スプレーマム」や「ポットマム」などがよく知られる。
この花のネーミングは、漢名の「菊」を音読みしたものである。
大輪の菊は、菊花展でよく見かける。11月の上、中旬頃が見頃。菊花展で見られるのは、「厚物(あつもの)→ 大輪もの」と「管物(くだもの)→ 細い花びら」とに分けられる。
12月3日の誕生花 花言葉は「思慮深い」
 
 
  
  今日の誕生日の花:シラタマホシクサ    花言葉:純粋な心

  今日の一首:我を追いよく泣きし子がおとなびてシラタマホシクサ手土産に来ぬ  鳥海昭子

  (NHKラジオ深夜便から引用)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 姫蔓蕎麦(ひめつるそば)と... | トップ | 段菊(だんきく)という花 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL