MVKのいろいろ

残り少ない人生、その楽しい余生のあり方を目下研究中

紫蘭(しらん)という花

2017年05月10日 | Weblog
これは、蘭(らん)科、シラン属の紫蘭(しらん)という花である。この花の開花時期は、 4/15 ~ 6/ 5頃で、群生しているさまは見事である。生育環境は、少し湿ったところに生える。ネーミングは、言葉通り、紫色の蘭であることから、この名になった。この球茎は、「白及根(はくきゅうこん)」といい、止血、あかぎれ、ひびに薬効がある。紫蘭には、白花の品種もある。



  今日の誕生日の花:カキツバタ   花言葉:幸福が来る

  今日の一句:花びらの吹かれまがりて杜若      星野立子   

  (NHKラジオ深夜便から引用)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 芍薬(しゃくやく)という花 | トップ | イキシアという花 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL