MVKのいろいろ

残り少ない人生、その楽しい余生のあり方を目下研究中

白式部(しろしきぶ)という花

2016年10月18日 | Weblog
これは、熊葛(くまつづら)科、ムラサキシキブ属の白式部(しろしきぶ)という花である。
「紫式部」の品種のうち、実が白いものを「白式部」と呼ぶ。この花は、秋になると白い実が美しい。
白い実の成るシロシキブ(白式部)と紫式部は、木質が固い事から、昔から金槌や傘の柄、箸の材料などに利用されている。また、昔は火を起こす、キリというのにも利用されていたそうである。

 

  今日の誕生日の花:ホトトギス    花言葉:永遠に,あなたのもの
  
  今日の一首:尋ねても言うてもならぬ事がある花ホトトギス風にうなずく   鳥海昭子

  (NHKラジオ深夜便から引用) 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 萩(はぎ)という花 | トップ | サルビアという花 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL