MVKのいろいろ

残り少ない人生、その楽しい余生のあり方を目下研究中

ブルーサルビアという花

2016年10月18日 | Weblog

これは、紫蘇(しそ)科、サルビア属のブルーサルビアという花である。このブルーサルビアは、夏から秋にかけて開花し、花壇にいっぱい植えられていると圧巻である。この花は、アメリカの南西部、テキサス州からニューメキシコ州、それにメキシコに分布。わが国には昭和時代の初めに渡来した。高さは、60センチほど。葉は卵形から線形で対生し、縁にはわずかに鋸歯がある。5月から10月ごろ、茎頂や葉腋から輪散花序をだし、青色から紫色の花を咲かせるのである。
ブルーサルビアの別名は、「ファリナセア」(学名から)



  今日の誕生日の花:オオケダテ   花言葉:思いやり

  今日の一首:オオケダテ塀越えて咲き一人住むあなたの声の明るく聞こゆ   鳥海昭子

  (NHKラジオ深夜便から引用)
  
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« サルビアという花 | トップ | サフラン擬きという花 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL