MVKのいろいろ

残り少ない人生、その楽しい余生のあり方を目下研究中

朝顔(あさがお)という花

2016年10月15日 | Weblog
これは、昼顔(ひるがお)科、サツマイモ属の朝顔(あさがお)という花である。この花の開花時期は、 7/ 1 ~ 10/10頃である。原産地は、中国、平安時代に日本に渡来した花である。この花は、日没してから約10時間後に開花する(朝4時頃)。したがって、朝顔というネーミングになったのかもしれない。夏から秋まで長い間咲き続け、さまざまな色で楽しませてくれる。
夏は全国各地で「朝顔市」が開かれる。東京では、台東区入谷(いりや)の「朝顔市」が有名。
漢方では種子を下剤や利尿剤に使う。
8月4日の誕生花 花言葉は「愛情、平静」



  今日の誕生日の花:シオン    花言葉:追憶,遠くの人を思う

  今日の一首:戦死公報とどきたる日の新妻と庭のシオンが濡れて揺れいき   鳥海昭子

  (NHKラジオ深夜便から引用)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 薄(すすき)の穂 | トップ | 萩(はぎ)という花 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL