内装の事いろいろ教えます!season2 村山表具店

千葉県市川市八幡6-33-6TEL047-338-7935 営業範囲:市川市、船橋市、松戸市、浦安市、松戸市、江戸川区…

盆栽風

2016-12-03 10:02:44 | 和の文化
去年どんぐりを拾って蒔いて育てている中の一つ、コナラの小苗です。カブトムシテラリウム風にも入れていたやつです。
たまたまですが二股に分かれてちょっと他の物とは違って見えます。葉が紅葉してきれいなので店の前に飾っておいたら通りがかりの人が見てくれているようです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アマチュア無線のタワー

2016-12-03 09:46:26 | アマチュア無線
新しく開通した道路(都市計画道路3・4・18号浦安鎌ヶ谷線)の木株橋あたりからよく見えるようになりました。私が学生の頃、父が建てたアマチュア無線のタワーです。
夕日をバックになんとなくいい雰囲気なので撮ってみました。

私は今はアクティブではありませんが、それでも車には必ず無線機を装備して電源は入れてますし、ハンディ機は携帯電話と共に常に持っています。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

コクワガタ幼虫お引越し続き

2016-11-30 11:10:15 | カブトムシ、クワガタムシ
たくさん食べているものから順に交換してます。

2匹とも同じ時期に産まれた個体、共にメスですが、早めに温度管理を始めたものと遅れたもので大分成長が違います。

菌糸ビン飼育は大きくなるそうで面白いですがお金も少しかかるので、来年は余ったビンを活用してマット飼育も半分くらいはいいかななんて思ったりもしています。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

コクワガタ幼虫お引越し

2016-11-26 14:39:21 | カブトムシ、クワガタムシ
23℃あたりが一番いいという事らしいので一応それに近づけるように温度管理をしているコクワガタ幼虫。発泡スチロールの箱の中にシート型のヒーター「ピタリ適温プラス」を敷いて上にタオルを何枚か重ねてその上にコクワガタ幼虫の入ったエサの菌糸ビン、菌糸カップを置いて管理しています。

白い菌糸に食痕が現れてます。この食痕が2/3位になったら菌糸の交換ということなのでここらでということで交換します。
菌糸ビンから掘り出すのは大変そうですが、菌糸カップはひっくり返せば全部出てくるので簡単!

買っておいた800cc菌糸ビンに入れました。一応同じ温度に温めておきました。

オオクワガタは数度の瓶交換を要するらしいですが、コクワガタは最初から800ccの瓶に入れれば羽化まで持って行けるとか、菌糸の劣化が心配なので今回のように途中で代えた方がいいとかいろいろな話があるのですが、何もかもいい経験なのでいろいろやってます。
今後の心配はこれから冬を感じさせないと蛹にならなくなるので活動をやめない17℃あたりまで温度を下げて管理するといいとのこと。これは難しいかも…?

何しろクワガタの幼虫を飼育するのは初めてでエサの菌糸を扱うのも初めて。試行錯誤が続きます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

朝顔がやられました…

2016-11-26 11:47:37 | まち歩き
11/24は随分と早い雪となりましたが思わぬところで残念なことがおきました。

初夏からずっと咲き続けている朝顔。通常ですと12月になって霜が降りるまで楽しめましたが今年は寒さでやられました。
生き残っているのがいればもうちょっと楽しめるかもですが…。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

カブトムシ☆になりました

2016-11-21 16:52:20 | カブトムシ、クワガタムシ
それなりに元気に過ごしてきた今年最後のカブトムシ。今朝☆になってました。
時期的に十分長生きでしたが、去年はクリスマス過ぎまで生きられたのでちょっと残念なようなほっとしたような…。

次世代の幼虫はいますし今年はコクワガタ成虫、幼虫もいますしまだそれなりににぎやかです(笑)

それと梨屋さんからいただいたカブトムシ幼虫1匹、数日前に☆になってました。他の子はもう3令になっているのにこの子だけ2令のままだしマットの上に上がってきて殆ど動かなくてもう駄目だろうなと思ってましたがやはりそのまま死んでしまいました。去年もいましたが特に飼い方に問題があったようには思えないのですが、弱い子もいるようです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

暮れの障子張りシーズン

2016-11-18 11:09:54 | 障子張替え
今年も暮れの障子張り替えのシーズンに突入しております。連日ご注文の依頼を受けております。ありがとうございます。

糊を付けて巻いてある紙を転がすように広げて…。

周囲をカットすればできあがり。

張ってある紙をきれいに剥がしてから張るのがポイントですよ!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

都市計画道路3・4・18号浦安鎌ヶ谷線 全線開通して

2016-11-17 13:39:22 | まち歩き
この地に越してきてからずっと計画を聞いていた道路。正式名称は都市計画道路3・4・18号浦安鎌ヶ谷線。さまざまな思いを含みながら11月10日に開通になりました。
当日は朝から国道14号線との交差点付近で式典が行われていましたが、私は南八幡で現場仕事。行きは従来から使ってきた鬼越経由の道で。帰りに開通したての道を使う事になりました。
確かに早い。いつもの半分程度の10分で帰れました。
後日朝当店から14号まで走ってみましたが、鬼越経由で20~30分かかる所が10分弱でした。
路肩が広く舗装も低騒音タイプだということで走行は快適。走りやすい道です。


道路から当店が良く見えます。この先信号が重なるので夕方は渋滞してます。
今までは何度も曲がらなくてはならずに説明が難しかった当店への道もずっと説明しやすくなりました。




店から歩いて撮ったいつもの場所からの写真。

開通から1週間。最初は物珍しさもあったのでしょう。ひどく渋滞してましたが徐々に解消してきているように感じます。周辺の道路は空いたように感じますが、新しい道路との接続のある所は信号が増えたので混んでいるように感じます。
近くに横断歩道があります。無信号です。子供が渡ることを考えると押しボタン信号が必要なのかもしれませんがその先も信号が重なって渋滞になっていることを考えると付けづらいのかもしれません。
夜は遮音壁が効いているのでしょう。眠れないなんてことはありません。今までの環境は失われましたが我慢できない程というわけでもありません。
洗濯物はどうでしょう?正直よく分かりません。でもいいわけがないので早めに取り込むようにしています。

いいことばかりではないわけですが、この道路を我々の財産としてありがたく利用していこうと考えています。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

カブトムシ 元気です

2016-11-17 13:25:16 | カブトムシ、クワガタムシ
去年に引き続いて今年も今まで生きています。
幼虫から飼ってきた3匹は9月下旬にメスが、10月終わりにオスが☆になりましたがオスが1匹だけ残っています。
去年はクリスマスを過ぎたあたりまででしたが今年はどうでしょう?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

廃ダンボールより棚製作

2016-10-22 13:50:43 | 住まい
カブトムシ、クワガタムシの幼虫を入れる棚を考えていましたが、障子紙の入っているダンボールが手に入ったので作ることにしました。売り物ではありません。

印をして前面になる部分を大きく開口します。

他のダンボールを使って棚板を作成。

3枚作って仮に入れました。


見える部分に装飾として紙を張ります。店に余っている襖紙を裁断します。

張って完成!なのですが、普通に張ると糊を付けた紙の伸び縮みでダンボールが反ってしまうので糊を紙の周囲にだけ付けました。あまりきれいには張れないのですが自分用なので…。

いい感じに納まりました。後は中を暗くする布をかけたり地震による転落、転倒に備えて前面にゴムひも?を張ったり後ろをネジで留めたりする予定です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

都市計画道路3・4・18号浦安鎌ヶ谷線 全線開通迫る

2016-10-20 13:26:30 | まち歩き














店のそばから北側に向けて歩いてみました。
工事は最後の仕上げ段階で線を引いたり標識を立てたりです。

市川は南北方向の交通が悪い。市川市民なら小学生の頃習ったことです。
私も車を運転する者としてもこの道路の重要性は分かっているつもりです。
もしかして通りが増えで来店客が増えるかもしれません。

反面不安に思う事も多いです。
写真にも写っている遮音壁。性能は高いようですが高さがそれほど無いので2階では騒音はかなり聞こえてきそう。現時点でもたまに爆音のバイクが整備中の道路を行ったり来たりしているのが聞こえます。
交通事故も起こるでしょう。
渋滞するのでしょうか?
排気ガスで洗濯物が干せなくなるかもしれません。
沿線の住民は我慢を強いられることが多いかもしれません。

11月20日。国道14号線との交差点で10:00より式典が行われるそうで14:30開通。
ここまでくるのに何十年もかかったわけですがさまざまな期待と不安を抱えつつ程なく開通を迎えます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

板戸の小さな凹み補修

2016-10-19 12:42:44 | 襖(ふすま)張替え、新調、交換
片面板張り、片面襖張りの戸襖張替え。板面に小指の先ほどの凹みができてどうしましょうということになりました。

まずは凹みを引き出してみました。

ボンドで固めました。

乾かしました。

補修用のクレヨンを塗ってみます。

うーん、イマイチ…。作戦を替えます。

パテをかけて平らにしました。最初の見た目よりも広く凹んでます。

壁紙補修材ジョイントコークの茶色を塗ってみました。さっきよりずっといいようです。


同じものを現場に納めてみると更に目立たないようです。よかった!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

カブトムシ。温度管理始めてます。

2016-10-18 14:43:11 | カブトムシ、クワガタムシ
一番いる時で5匹いたカブトムシも10月に入って次々に☆になっていきました。
それでも去年卵から飼ってきたオス2匹が残っています。
寒くなってきたので温室管理を始めました。

去年は1匹でしたが今年は2匹ですので2セット。温室となる発泡スチロールを確保しました。ケースは発泡スチロールの大きさの関係で大ケースから中ケースへ。
ケースの下に敷くヒーター「ピタリ適温プラス」は買い足しました。
去年はダンボールでしたが今年は発泡スチロールですから温度維持はしやすいです。今日のようにやや暑い日は電源切ったりですがね。
ここまでくればこの2匹は最低あと1か月はいけますかね!?そう願いたいです。

あと先日割り出したコクワガタの幼虫ですが、最終的に17匹確保できました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

コクワガタ幼虫割り出し

2016-10-08 19:20:23 | カブトムシ、クワガタムシ
子供の頃からカブトムシ派でクワガタの飼育はあまりしてきませんでしたが今年はクワガタのブリードにも挑戦してます。クワガタのブリードと言えばオオクワガタををやりたいところですが慣れるためにまずは地元で採取できたコクワガタです。

カブトムシは昆虫マットといわれる発酵させたオガクズの中にタマゴを産むので幼虫の割り出しは容易ですが、クワガタは種類にもよりますが朽木の中にタマゴを産むので割り出しは木を崩していかなくてはなりません。幼虫がある程度食べ進めて木がボロボロになってくれないと割り出しは難しいでしょうから今まで待ってましたが、そろそろ頃合いかと思われますしマイナスドライバ片手に割り出しに挑戦しました。

木の周りは柔らかくなっているようでも中の方は思っていたよりまだ固く、難航しそうに感じられましたが程なく見つけられました!

今日のところは6匹割り出しました。用意してあったカップに一時保管です。

この後すぐに江戸川区のクワガタショップに行って菌糸ビンというクワガタ幼虫のエサを買いに行きました。クワガタの幼虫は朽木の中で育つと覚えてきましたが、時代を経てキノコの菌糸がいいという事が発見されたそうで現在では菌糸ビン飼育が主流だとか。1ビン300円程度の物を6個買ってきました。写真手前の2つは少しいいものです。差が出るでしょうか…?

さっそく幼虫を投入です。

今回800ccの菌糸ビンを買いました。菌糸がひどく劣化しなければコクワガタならこれだけで羽化まで行けるかと思われます。
慣れないクワガタ飼育ですが、うまく育ってくれればいいです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

カブトムシ幼虫 お引越し

2016-10-08 19:04:03 | カブトムシ、クワガタムシ
去年からの血統はただの一匹という残念な状況になってしまっていますがとにかく残っているわけで大切に育てる事にしました。
成虫がぼちぼち☆になって行く中、大ケースの空きがありますのでそこに個別飼育することにします。お引越しで久しぶりに姿を見ましたが順調に育っているようです。

他は梨屋さんにいただいた9匹。こちらは去年と同じように1.5L程度のケースで育てています。
今回は店にポスターを貼り出して近所の子供たちに差し上げるという事をしていませんが、ご希望の方がおりましたらご連絡ください。市川市とその周辺地域の方でしたらお持ちできます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加