法務省は責任を問えない:蓮舫氏“二重国籍”は「違法状態」金田法相

2016-10-18 20:18:46 | 政治問題
蓮舫氏“二重国籍”は「違法状態」金田法相

法務省のHPでは「なお,期限までに国籍の選択をしなかったときには,法務大臣から国籍選択の催告を受け,場合によっては日本の国籍を失うことがあります。」と書いているが、
国際結婚@情報ステーションのHPでは「※国籍の選択をしないでいて実際に法務大臣の催告が行われたことは今までありません。」と書いており、私の知人を含めて海外で子供が生まれたケースで催告は無く、日本のパスポートを使っている。

法務省が誰が二重国籍者かどうか分かる情報を持っているとも思えず、催告もしない(情報的に出来ない)状態。つまり、法律は有っても、施行・運用が出来ていない点をどう考えるのか?

一般論として言っているが、法務省は国籍問題を違法状態として追及できる立場にはない。さもないと、かなり多くの日本人が違法状態にあるという事になり、それを取り締まっていないのだ。

尚、私は蓮舫さんも民進党も全く支持しない。ここでは二重国籍状態で国会議員となっている蓮舫さんを法律上違法と言えても、その責任は法務省にも有るという事を言いたい。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 代表が変わったって中身が変... | トップ | もう原発の再稼働は認められ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

あわせて読む