京都も奈良もいい加減にしろ:譲位後の京都滞在提案

2017-07-06 18:53:15 | 社会問題
譲位後の京都滞在提案 懇話会、素案おおむね了承
奈良も同じような話が出ていたが、ご本人の意思を聞くことも無く、こんな勝手なことを議論し、生意気にも「了承」なんて信じられん。

天皇陛下は非常に気を遣われる方なので、このような話が耳に入ると困惑されるのは間違いない。
天皇家は親族を含めて東京で近い場所に居るのが一番だろう。

宮内庁による管理や警視庁による警備もやり易いし、那須、葉山、須崎の御用邸への移動も楽だ。

東京へ遷都した時点で、奈良と京都は天皇家が居た歴史的事実とその遺構の場所だと割り切り、ご本人が意思を示されない限り、事前の提言などしてはいけない。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 北朝鮮の核とミサイルは対岸... | トップ | 電気自動車が本当にベストな... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

社会問題」カテゴリの最新記事