先ずは批准すべき:安倍首相、核禁条約「我が国のアプローチと異なる」

2017-08-09 21:42:05 | 国際問題
安倍首相、核禁条約「我が国のアプローチと異なる」

核保有国のわがままと北朝鮮の核兵器開発:金委員長排除狙う可能性もに書いた様に、核兵器保有国の権利を保護し、これらの国が参加しない核兵器禁止条約には、大きな矛盾がある。

その視点は安倍首相は間違っていないが、国連で被爆国としてその矛盾に言及し、核保有国の態度を批判した上で、日本が核兵器禁止条約を批准する立場に日本は有るはずだ。
さもないと被爆国として核兵器の悲惨さを伝える機会を逸し、核兵器保有国への警鐘も疎かになって行く。これでは世界からか核兵器を廃絶すべきと言う国際世論を味方に付けられず、条約批准国も日本の姿勢に大きく落胆する事だろう。

核兵器保有国との矛盾は解決されることは無い。しかし、核兵器保有国の世論に訴えて核兵器廃止を考えて貰う事は必要だ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 大臣が多すぎる:<江崎担当... | トップ | 恩赦に反対:<天皇陛下退位... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

国際問題」カテゴリの最新記事