6月24日 ミートフリーマンデーナイト(BLUE JAM CAFE Daikanyama)のご報告

2017年06月24日 | 関連イベント

6月24日の第5回ミートフリーマンデー(MFM)ナイトは、梅雨時の蒸し暑い天気にもかかわらず70名の方々にお越しいただき、ダンスあり合唱ありの大盛会となりました。皆様、本当にありがとうございました!!



当日は、多くのビートルズ・ファンをはじめ、様々な分野からお越しの方々が、それぞれ御歓談しながら交流を楽しんだ後、MFMナイト専属バンド「OKベジー」によるビートルズ&ウイングスの生演奏で大いに盛り上がりました。そして最後に、今回初めて後援団体に加わったヒューメイン・リーグ・ジャパンのMahoさんより御挨拶を兼ねて、バタリーケージの問題点等についてお話をしていただきました。



「ドライヴマイカー」から始まった「OKベジー」のステージでは、ビートルズのほか、毎回恒例となっているウイングス・メドレーも披露され、One On One 東京公演で演奏された「ジュニアズファーム」が今回新たに加わったことで、「ポール・ロス」となっている一部のファンに喜んでいただく一コマもありました。また、93年にポールから改造リッケンバッカー・ベースに直接サインをもらったY氏もゲスト参加で「バンドオンザラン」を熱唱するなど、まさに会場はポール一色となりました。やはり、この曲にはリッケンが似合いますね。そして、6月はサージェントペパー発売50周年ということで、最後に、「サージェントペパー(リプライズ)」~(なぜか)「バックインザUSSR」のメドレーが演奏され、これに合わせ、かつてビートルズも出演した人気音楽番組「Ready Steady Go」さながらフロアでダンスが始まるなど、会場のボルテージが最高潮に高まりました。アンコールでは、まさにこの日が誕生日というゲスト・ピアニストB氏を迎えて定番の「ヘイジュード」が演奏され、会場の皆さん全員での大合唱でステージ終了。心なしか、パネルの中のポールも、こうした情景を微笑ましく見つめているようでした。


なお、今回のMFMナイトは、「Happy Birthday Paul!!」バージョンということで、会場にポールへの寄せ書きシートが置かれ、皆さん、それぞれの思いを書き込んでいらっしゃいました。このポールへの寄せ書きシートは、当日のレポートや写真とともに、ロンドンのMFM事務所(MFMUK)に送らせていただきます。MFMUKからは事前に、本イベントの盛会を祈念するメッセージをいただいていますので、きっと喜ぶことと思います。


今回のMFMナイトも、普段なかなか出会えない方々とともに、ビートルズやポールへの思い、ベジへの思い等々を共有できた貴重なひとときとなりました。なによりも、ベジ・ノンベジ関係なく音楽を通じて皆で一緒に楽しい時間を過ごせたこと、そして、参加者の間で素敵なご縁がたくさん生まれたことを心から嬉しく思っています。ポールやMFMUKも後押ししてくれているベジ&音楽イベント「MFMナイト」を、今後ともよろしくお願いいたします。また、ポールが推進しているMFMキャンペーンも引き続き応援していただければと思います。なお、一部の方々から、「ウイングスの曲をもっと増やしてほしい」という(個人的にとても嬉しい)お声もいただきましたので、次回以降、ご期待に添えられるよう頑張っていきたいと思います(笑)。


最後に、今回、会の趣旨にご賛同いただき後援してくださった日本ベジタリアン協会、ベジプロジェクトジャパン、グリーンカルチャー、アニマルライツセンター、ヒューメインリーグジャパン、そして快く会場をお貸しくださったブルージャムカフェ代官山に心からの感謝を申し上げます。


それでは皆さん、また次回お会いしましょう!!

all the best!!

                   (報告:ミートフリーマンデーナイト運営事務局)

NPO法人日本ベジタリアン協会

ホームページ

http://www.jpvs.org/

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« フェスタ2017のご報告(... | トップ | 7月6日 大阪市環境学習講座(... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む