My Life Story

アーセナル日記、競馬予想(週末の重賞1本勝負)

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ボニータを信じる! < 天皇賞(秋) >

2014年11月01日 | 競馬

明日から、と言うか、日が替わったので今日からの連休は引っ越し。

3日(月)までPCでのインターネットができなくなるので更新しておきます。ちょっと早いですけど日曜日の天皇賞(秋)の予想ですよ。(笑)

 

 

◎◎ 競馬予想 ◎◎

日曜日に行われる天皇賞(秋)。今年はイスラボニータフェノーメノジェンティルドンナエピファネイアなどなどGⅠ馬が6頭出走。こりゃ、盛り上がりますねぇ。。。(笑)

いつも通り過去5年の連対馬のデータから。

・東京2000mは外枠が不利なトリッキーなコース。それを示すように13番ゲートより外の馬は馬券内に来ていない。開幕からそれほど経っていないので先行馬の好走も目立ってる。

・ステップは毎日王冠組が5年連続連対中と抜群の相性。ただ、勝ち馬が良いのかと言うとそうでもないのがポイントかも。後は宝塚記念直行組も3連対と好成績。

・血統はフレイソブリン系に注目。ただ、グレイソブリン系と言う系にこだわるのではなく、グレイソブリンの血を持っていることがプラス材料。

軸はイスラボニータ
ここまで見せたパフォーマンスを考えると東京2000mはこの馬にとって最高の舞台。セントライト記念を叩いてからここを目標に仕上げてきたローテーションも好感が持てますし、鞍上がルメールに乗り替わるのも単純に鞍上強化。
外枠、3歳馬と不利な条件も揃ってますが、今回に限って言えばプラス材料の方が多いと見る。スタート直後のコーナーさえ攻略すれば連は外さない。
母系にグレイソブリンの血を持っているのも良い!

相手は…

フェノーメノ
天皇賞(春)からのローテーションは仕上がりに疑問が残るも、3戦3連対のコース実績は侮れない。力さえ出し切れれば勝ち負け。

スピルバーグ
毎日王冠最先着馬ということで押さえる。枠も良いところを引いたので先行集団に取りついていければ面白い。

ダークシャドウ
東京2000mは3勝とメンバー最多の実績を持っている。前走は見せ場無く敗戦したがハマった時の破壊力はある。穴候補。

今回は馬連3点勝負と絞った予想。イスラボニータの人気を考えれば手広く行っては勝負にならない。イスラボニータ-フェノーメノに大きく張りますよ。ボニータを信じる!

ちなみに、ジェンティルドンナはバッサリ切ります。やはり、牝馬が2年間トップレベルを維持するのは難しいはず。前走の敗戦は海外遠征明けが要因では無く、馬自身の気持ちの問題と見る。

さぁ、今週の大胆予想はどのような結果に。。。(笑)

Comments (2)
この記事をはてなブックマークに追加

記事のタイトルを入力してください(必須)

2014年10月29日 | 競馬

来月の13日(木)、14日(金)と1泊で東京出張となりました。

1泊と言うことでビジネスホテルを探したのですが…、そう、目的地付近のビジネスホテルが満室で予約が取れない。

そして、やっと見つけたのが地下鉄で7駅離れたところ。

会社から出る宿泊費を考えると高いところは泊まれませんからねぇ。カプセルホテルはちょっと抵抗がありますし。。。(苦笑)

 

 

◎◎ 競馬予想 ◎◎

日曜日に行われた牡馬クラシック最終戦菊花賞。遅くなりましたが波乱となったこのレースを振り返ります。人気だけ見ると波乱では無いんですが…。(笑)

このレースを制したのは3番人気トーホウジャッカル。レコード決着となったように速いペースの中先行集団を追走。ペースを考えると先行馬には厳しい展開だったが、今開催の京都の馬場はちょっと不思議な高速馬場。インを回ったこの馬は止まることなく一気に先頭へ立ち、追いすがるサウンズオブアースをねじ伏せた。
強くない馬にはできない芸当でしたが、さっきも言ったように今開催の京都の馬場はおかしい。次走人気になるようなら嫌った方が良いかも知れない。。。

2着には4番人気サウンズオブアース。こちらは後方待機から末脚に掛けた。直線では外では無くインを突いたのがこの結果につながった。普通の馬場でこのペースだったら勝っていたのはこの馬だと思うんですが。

3着には7番人気ゴールドアクター。こちらは洋芝の長距離戦を戦ってきたスタミナを出し切った。キレる脚があるタイプでは無いので、菊花賞のような長距離戦のスタミナ勝負で狙いたい。ステイヤーズSに出走してきたら面白い。

軸のワンアンドオンリーは見せ場なく9着。この高速馬場の京都で外を回してはちょっと厳しい。まぁ、それよりも何よりも力を出し切れなかったような印象。血統的に長距離もOKかと思ってましたが、意外に2000m前後が的距離なのかもしれない。何とも不可解な惨敗です…。

馬券はハズレ。まぁ、馬券がハズレたのはどうしようもないので今週の天皇賞で挽回します。それよりも何よりも気になるのはトーホウジャッカルの人気。

前々日発売時は1倍台の圧倒的1番人気。そう、ヒシミラクルを思い出させる大口購入があったようです。次にこう言った大口購入があった場合は乗った方が良いですね。ミラクルおじさんに。

おじさんだったかは不明ですけど。。。(笑)

Comment
この記事をはてなブックマークに追加

プレゼントで勝点3GET! < vsサンダーランド >

2014年10月28日 | アーセナル

今週末に引っ越します。

ってことで、スカパー!の移設やらインターネットの移設やらで今週末はどちらも使用不可。そう、プレミアリーグを観ることができなんですよねぇ。

まぁ、観てるヒマが無いって言えば無いんですけど。

でも、再放送で月曜日以降に観てやりますよ。結果が分かってしまっていても。。。(笑)

 

 

★★ アーセナル日記 ★★

土曜日に行われたアウェイのサンダーランド戦。前節サウサンプトンにボコボコにされたサンダーランドDF陣は…。この日もダメでしたね。(笑)

まぁ、アーセナルが良かったかと言えば決して良くは無かった。ただ、それ以上にサンダーランドDF陣がボロボロ。いやー、一言で言うなら勝点3をプレゼントしてもらった感じ。元ユナイテッドブラウンには感謝、感謝ですわ。(笑)

2点ともサンダーランドのミスで得たゴールですが、やはり、そのミスを誘発させたサンチェスは評価しなくてはいけない。
前線から追いかけてプレッシャーをかけることがどれほど大事か、どれほど意味があるかを教えてくれたゴール。この男のメンタルと体力はほんと素晴らしいですよ。

そして、このゲームではベンチにウォルコットが復帰。出番こそなかったですがやっとこの男が帰ってきた。サンチェスに負けず劣らずの頑張り屋ですからピッチに立つ姿が待ち遠しい。これを皮切りに負傷者がぞくぞく戻ってくると良いですねぇ。

さぁ、今週末はTV観戦できないバーンリー戦。この勝利の勢いで良い結果を待ってますよ。大量得点で得失点を稼いじゃいましょう!(笑)

試合結果 サンダーランド 0 - 2 アーセナル

   前半     0 - 1
   後半     0 - 1

   得点 (ア) サンチェス×2

Comment
この記事をはてなブックマークに追加

牡馬クラッシク最終戦は勝ちっぷりに注目 < 菊花賞 >

2014年10月25日 | 競馬

先週は東京に出かけていたので競馬予想をお休み。今週はしっかり予想して凄い馬券を的中させますよ!

なんて、変に意気込むと良いことが無いのでほどほどの気合で臨みます。。。(笑)

 

 

◎◎ 競馬予想 ◎◎

明日行われるGⅠは菊花賞。この牡馬クラシック最終戦は1強ムード満点。さぁ、この1強がどんなレースを見せるのか!

いつも通り過去5年の連対馬のデータから。

・ステップは神戸新聞杯組が7連対と圧倒的に有利。しかも、神戸新聞杯勝利馬は4年連続連対中のうえ3連勝中と信頼度抜群。穴を狙うならセントライト記念3着馬辺りかも。

・上りに注目すると35秒台決着が多く、決め手勝負よりも持続力勝負になる傾向がある。溜めてキレるタイプよりも早目に動いて粘れるタイプの方が良い。

・血統はロベルト系グレイソブリン系に注目。というか、ブライアンズタイムトニービンの血がポイント。この2つの血は持続力を強化する。それと、ダンスインザダーク産駒にも注目。

軸はワンアンドオンリー
まぁ、このメンバーに入れば頭1つどころか2つ3つ抜けていると言っても過言ではない。休み明けの神戸新聞杯こそ際どい勝負になったが、あそこで抜かせなかった勝負根性がGⅠ馬としての貫録。一叩きされた今回は、仕掛けどころさえ間違えなければ余裕の勝利になるはず。
父母父はトニービンハーツクライの血は長距離でもOK!

相手は…

ハギノハイブリッド
ダービー神戸新聞杯と重賞馬の力を見せられなかったが、今回はその重賞を勝った実績のあるコース。父ロベルト系、母父トニービンなのでここは合う。

タガノグランパ
ダービー4着、セントライト記念3着と意外に大崩れしないタイプ。今回のメンバーを考えれば勝負になってもおかしくない。

サウンズオブアース
神戸新聞杯ワンアンドオンリーに詰め寄った力を評価。血統的に3000mは疑問も京都コース実績があるので押さえる。

ゴールドアクター
北海道の長距離を勝ってここにコマを進めてきた上り馬。決め手勝負は分が悪いものの持続力勝負なら引けを取らない。父ロベルト系ってのもプラス。

マイネルフロスト
穴はこの馬。これと言ったポイントは無いが何気にダービー3着馬。最内枠を活かして上手く先行できれば一発あってもおかしくない。

今回もいつも通り馬連勝負。今回は3連単を買わないでシンプルに行きますよ。まぁ、馬券は当たって欲しいですけど一番の注目はワンアンドオンリーの勝ちっぷり!(笑)

Comment
この記事をはてなブックマークに追加

ドラマティックな逆転劇 < vsアンデルレヒト >

2014年10月24日 | アーセナル

最近一気に寒くなりました。秋って言うよりも冬間近って感じです。

この寒さに負けてとうとうストーブを準備。11月までは何とかこたつオンリーで過ごしたかったんですけどねぇ。

すでにこたつ使ってたのかよってコメントは無しで。。。(苦笑)

 

 

★★ アーセナル日記 ★★

木曜日の早朝に行われたCLグループリーグ第3戦。ドルトムントが好調なのでここで勝点を落とすわけにはいかなかったこのゲーム。まさかこんなドラマティックな展開が待っていたとは。。。

確かにゲームは支配していましたが、先制点を奪われたようにアンデルレヒトの鋭いカウンターに苦戦。急造CBコンビ、メルテザッカーモンレアルの連携のほころびを憎いぐらい上手く突いてきた。
アンデルレヒトにここまでやられるんだから、レアルバルサチェルシー辺りが相手だったらと思うとゾッとしますよ…。

攻めては連携が上手くかみ合わずサンチェスの孤軍奮闘。1-0で80分を迎えたときは負けを覚悟しましたわ…。

ところが、ボスの采配がウルトラ的中。ギブスの同点ゴールで勢いづくとロスタイムに最後のカードだったポドルスキが奇跡の逆転ゴール。
いやー、ポドルスキ本人のコメントにもありましたが、左足でボールを持った時の決定力は凄い。今でこそベンチウォーマーになってますが、使い方一つではとてつもなく大きな武器になる。良い選手なんですよ。。。

個人的には1トップとかサイドじゃなく、2トップのシャドーストライカー的な使い方がベストだと思うんですがねぇ。ボスジルーが戻ってきたら考えてみませんか??(笑)

さぁ、折り返しのアンデルレヒト戦もしっかり勝ってグループリーグ突破を引き寄せましょう!

試合結果 アンデルレヒト 1 - 2 アーセナル

   前半     0 - 0
   後半     1 - 2

   得点 (アン) ナジャル (ア) ギブス、ポドルスキ

Comment
この記事をはてなブックマークに追加