ジョイフル群馬サッカークラブのブログです!

群馬県を中心に5000名の子供たちが通うサッカースクールです。フォトチャンネルにてサッカー大会やイベントの写真掲載中♪

命から学ぶ

2017年06月14日 | お知らせ

こんにちは!

海に行ってもほとんど海に入らない中崎先生です

 

最初に言っておきます

今日のブログは・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

かなり長いです(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

----------ここから始まりです(笑)----------

 

 

みなさんは前世はなんだったんだろう?

と考えたことはありますか?

先生は前世は動物だと確信しています笑

 

 

さて、今回は先生の大切な家族の話をしたいと思います。

先生の家族は5人家族です。

そして今は犬を4匹飼っています。

先生は小さい時から今現在まで、を飼ってきました

 


大型犬から小型犬まで、

その数は実に33匹以上の家族はいたと思います(笑

先生家族もさすがにそこまでは飼えないので知人に譲ったりもしました

 

 

それでも先生の家族には変わりません

ようは先生は40人の大家族ということです

 

 

そんな大家族の中でも、

一番印象に残っている家族の話をしようと思います

その家族は先生が生まれて初めて飼ったです。

名前は『くるた』

 

 


くるたは、先生が保育園生くらいの時に

母親が買い物から帰って来たとき、

車の後ろをずっとついてきた

まだ生まれて間もない子犬でした

 

 

そんなくるたを先生家族は飼うことにしました

先生は初めてということもあり

毎日学校から帰って来たら一緒に遊んでいました

 

 


子どもも約15匹も産みました。

その時産まれた犬が1匹、今でも元気に祖母の家にいます!

もうおじいちゃんですが

 

 

そんなくるたは先生が確か小学校4年生の時に

病気で死んでしまい、

先生はどうしようもなく悲しくなったのを覚えています

 

 

 

あの日は朝学校に行くときに、いつもくるたに挨拶をして、

くるたも元気にしっぽを振って見送ってくれていましたが

その日は、少しぐったりしていた印象が、

先生は一度も忘れたことはありません。。

 

 

『今日はすぐに帰って来るからね』心の中で語りかけ、

その日は学校に行きました。

そして学校が終わり家に帰ると、

親が玄関にいて、その横に綺麗に木箱に入っている

くるたがいたのを今でも覚えています

 

 


子どもながらに、死んだんだと思いました。

その日は英会話スクールがあったので

準備をして英会話に向かいました。

 

 


授業中、今まで我慢していたが全て溢れだしてしまい

授業を中断させてしまった記憶が、

先生の中にはあります

 


そしてその夜に、最後に家族全員でくるたを埋めに行きました。

はずっと止まりませんでした。

あの日から、自分に関わってくれた人に対する気持ちが、

くるたのお陰で色々と変わりました

 

 

 


生き物の命。人の命。

周りの人のこと。

自分に関わってくれた人のこと。

 

 

 

今の自分の考えがあるのは、

小さい時にそばにいてくれた

くるたのお陰だと今でも思っています

 

 


くるたに命の大切さを教えてもらい、

次は自分が命の大切さを教える番だと思っています

 

 

 

【動物を虐待する人間はいるのに、

動物は人間に寄り添ってくれる】

 

 


とても情けないです。

 

 

 

先生は、他人を傷付けたり生き物を傷付けたり、

相手の気持ちを考えずに何かを言ったりやったり。

そんな人をみたら絶対に許しません

 

 

 

みなさんも動物や生き物を飼っていたら、

是非最後まで寄り添ってあげて下さいね

 

 

 

 

海の男になりきれない中崎先生でした

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 夏だ!ジョイフルだ!サマー... | トップ | できる。できない。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

お知らせ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL