kabu達人への道

マスコミで深く触れられることのない投資の裏側や
投資にあたっての疑問など赴くままに綴っていきます。

祝!JR九州

2016-10-25 08:19:21 | 日記
今日JR九州が東証1部に新規上場します。既に売り出し価格は仮条件の
上限の2600円で決まりましたが、それでも市場の見方では割安があるとい
われているようです。個人投資家の反応は上々で需要は引き受け額の3倍
ほど集めた証券会社もあったようです。売り出し価格で算出したPERは10.9
倍で24日の終値ベースでJR東日本(13.6倍)、JR西日本(11.8倍)と比べて
割安だという判断もあります。

また既に上場しているJR3社に比べて鉄道収入以外の多角化が進んでいる
ことから比較対象は私鉄の東急(15.6倍)や同じ九州を営業地盤とする西鉄
(20.1倍)を参考にすべきだという見方もあります。一時ほどインバウンドと言
うテーマは株式市場では話題にならなくなりましたが、訪日観光客の消費額
は減少しても訪日客は増加しています。

この傾向は2020年の東京オリンピックにかけても勢いが持続するとの予想さ
れています。中国人観光客の爆買いに象徴されるモノへの消費は下火になっ
ても体験という観光本来の消費は今後も人気を集めそうです。海外からの観
光客のインタビューに度々登場する美しい日本を体験しにやってきましたとい
う言葉でも分かるように観光資源に恵まれた日本にはまだまだ可能性があり
ます。

また観光客の主要ルートが東京→大阪・京都のゴールデンルートから地方
へと分散していることもありアジアから近い九州地盤のJR九州にとっては追
い風という見方もあります。観光列車「ななつ星」が大きな話題になるなど九
州以外でも知名度が上がっています。一方人口減の続く地方で赤字ローカ
ル線を抱えているなど鉄道事業の将来性は決して明るくないとの見方もあり
ます。

それでもこのところ明るさを増してきた東京市場という追い風や為替や海外
動向に左右され難い内需銘柄であること。また需給面でのシコリがないこと
や機関投資家からの一定の需要が期待できることなどを考えれば上場直後
はある程度の人気を集めることは間違いないようです。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« いよいよ決算本格化 | トップ | 良いものは良い悪いものは悪い »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事