超硬丸い部品

宜澤精密金型は中国モルード業のリーダー

精密プラスチック金型部品加工技術—深穴放電加工

2017-05-16 09:12:25 | 精密プラスチック金型部品
精密プラスチック金型部品加工技術—深穴放電加工.中国の精密プラスチック金型部品工業の急速な発展となっており、一部加工技术も伏兵効率化しなければならない。わが国の放電加工加工技术も待ってましたがさらに改善、深い穴があいている加工深み値が大きいため、加工の過程での排屑では1つの难しいところで発生しやすい放電不安定な現象で、孫鶴圭(ソンハッギュ)積炭素など多様な異常兆候にまた、何回もの2次放電させるものであり、加工のサイズがつかみにくい。放電不良のとつながり、加工の遅延、組み立て品質異常であるため、研究、采用しなければならない一部の技術を改善してこのような現象が現われている。精密プラスチック金型部品加工技術—深穴放電加工

bokewuyue01
文章は宜澤金型アドレスに転载します(http://www.dgyizemold.com/)原文住所は:http://www.dgyizemold.com/news_show_6_28_298.html転载を说明してください
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 自動車、精密機械の精密部品... | トップ | 精密金型部品製造加工工程に... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。