超硬丸い部品

宜澤精密金型は中国モルード業のリーダー

精密ワイヤーカット放電加工について

2017-01-03 11:16:50 | 自動車、精密機械の精...

精密ワイヤーカット放電加工とは、加工用電極と部品間に発生する放電の役割により、部品表面の屑を除出する加工方法だ。精密ワイヤーカット放電加工は薄板材の切り出しよりも、高度な加工精度が要求される金型や歯車、精密治具、焼入れ部品の後加工などといったブロック材からの加工に利用されることの方が一般的かと思いますが、精密板金wizで行うワイヤー加工では、鋼板(鉄板)やステンレス板、銅板、アルミ板、真鍮板などの薄板金属(板金材料)の精密切断・カット・穴あけなどにもよく利用します。絶縁体である加工液のなかに、被加工物と電極とを0.1~0.2胴の間隔に近づけ、両者に電圧を加えると放電が発生する。この放電で発生する熱によって被加工物を溶かし、電極のかたちに彫り込むことを放電加工といい、加工する機械を放電加工機という。放電加工機は型彫り放電加工機と精密ワイヤーカット放電加工機に大別される。前者は銅またはグラファイトの総形電極を使い、石油系か水溶性の加工液のなかで放電加工する。後者は連続的に送られる黄銅製のワイヤと被加工物の間で放電させ、ワイヤの進む方向どおりに被加工物を切断する装置。加工物を、数値制御を用いて動かし、自由に輪郭形状を作り出すことができる。加工精度がよく無人加工ができ、抜き型にとって画期的な加工法となっている。精密ワイヤーカット放電加工を使えば、極めて硬い鋼鉄やエキゾチックメタル(例えばチタン、炭化物)に複雑な輪郭を切り出すことができる。電極と被加工物間の放電による除去加工という特性上、被加工物が電気を通す材質(導体)でなければ加工できない。放電により溶融した一部の材料は除去されずに再凝固するため、放電加工面は一般に引張の残留応力が生じる。このため、加工面にはクラックと呼ばれる微小な割れが生じやすい。

yizeboke01
文章は宜澤金型アドレスに転载します(http://www.yize-kanagata.com/)原文住所は:http://www.yize-kanagata.com/news/4378.html転载を说明してください 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ステンレス精密自動車用金型... | トップ | どのように精密金型部品の品... »

コメントを投稿

自動車、精密機械の精...」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。