超硬丸い部品

宜澤精密金型は中国モルード業のリーダー

超精密プラスチック金型部品の製造技術

2017-05-17 09:02:10 | 精密プラスチック金型部品
精密プラスチック金型部品の製造技術は現代化の精密プラスチック金型部品産業発展の土台となった。科学技術の発展につれて、コンピューター技術や情報技術(it)、自动化技术などの先進技術は不断に、伝統的な製造技術の侵入や、交差、融合に対する改造、先進製造技術を形成しなければならない。新型スタンピング模の牙技術で、少なからぬ衝撃鍛造メーカーを導いたコストダウンのため混乱に株の購買ブームが巻き起こった。デジタル制御技術?サーボ技术によって、運動素子の开発だけでなく、市場経済の需要.精密プラスチック金型部品のデジタル制御ユニットのプレス型が速い成形した技術が急速に発展している。中国の超精密プラスチック金型部品の製造技術の発展は、関連技術や新構造の开発を基盤にした。超精密プラスチック金型部品の製造技術は現代化の精密プラスチック金型部品産業発展の土台となった


bokewuyue01
文章は宜澤金型アドレスに転载します(http://www.yize-kanagata.com/)原文住所は:http://www.yize-kanagata.com/news/4432.html転载を说明してください
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 精密プラスチック金型パーツ... | トップ | 生産加工精密コネクター金型... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。