超硬丸い部品

宜澤精密金型は中国モルード業のリーダー

精密コネクター金型部品の製作放電加工の原理

2017-07-11 09:25:08 | 精密コネクター金型部品
宜澤の精密コネクター金型部品の製作放電加工の原理と放電成形加工の原理はの同じ、精密コネクター金型部品の製作違うのは 放電加工受け入れるのは線电极、工作機械を利用して 連動ワークが相対的に电极糸沿海x、y方向の移动、完成平面の形の加工、高い精度を獲得のために、小の表面粗糙度と高の生产効率で、常にパルス幅を采用して 狭くなるものとみられる、電流のピークの高いパルス電源だった、正極精密コネクター金型部品を加工します。宜澤の精密コネクター金型部品の製作放電加工の原理は国際放電加工の原理で加工された。


bokeshiqi01
文章は宜澤金型アドレスに転载します(http://www.yize-kanagata.com/)原文住所は:http://www.yize-kanagata.com/news/4469.html転载を说明してください
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 精密自動車用金型部品産業の発展 | トップ | 精密自動車用金型パーツ製品... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。