超硬丸い部品

宜澤精密金型は中国モルード業のリーダー

国内外でプラスチック金型部品工場の現状

2017-02-22 09:31:34 | 精密プラスチック金型部品

全体に見ると、中国のプラスチック金型部品工場は品質、技術、能力など面で以前よりずっと進歩しているが、国民経済の発展にたいする需要を満足させない、世界での先進な技術を比べて格差も大きい。現在にとって、毎年ある大型、複雑、高品質精密金型部品はまた輸入依存している。供給が需要に応じきれない場合部分低級なプラスチック金型部品は供給過剰で、市場競争は激しいだがら。

WTOを参加してからプラスチック金型部品工場に巨大な挑戦をもらって当時にチャンスを持ってきて、中国の高精密金型・金型部品の製作工場は中・低級の製品を主なにして価格はほかの国よりやすい。WTOを参加する前に高精密部品は全て輸入することを依存し、参加した後部品を輸入便利になるだけではなく、外資を導入できる。それから外国の先進な技術、管理経験は中国の専門金型技術者を育成するのに対して推進作用を果たすことができる。

近年から中国のプラスチック金型部品工場の生産レベルはだんだんよくになって。金型工場の設計及び加工レベルの高めるにつれて、金型製造業は技術を依拠することを変えて。これは生産方法を変えるでけではなく、全生産モデルは変える。このような変化は金型部品の精度を高めてもらう。

bokeeryue01文章は宜澤金型アドレスに転载します(http://www.yize-kanagata.com/)原文住所は:http://www.yize-kanagata.com/news/4397.html転载を说明してください 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 精密プレス金型パーツ供给商 | トップ | 精密自動車用金型部品の構造... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。