超硬丸い部品

宜澤精密金型は中国モルード業のリーダー

ステンレス精密自動車用金型パーツ加工性能

2017-01-03 11:11:45 | 精密自動車用金型パーツ

ステンレス精密自動車用金型パーツ加工の時、ワークとするエネルギー量が高く.バイト易磨耗しなければならない。することができないため、刀が一定水準を要求し、高温に耐えなければならない部分だ。同時に、やり遂げなければならない刃口锐利で、合理な角度を選択であった。ステンレス精密自動車用金型パーツ加工性能:ステンレス切削時塑性大?强靭性が高くて、切削で消费エネルギーは大きくて、切削温度より高かった。ステンレス熱伝導率が低く、放熱悪い形成されやすい刃物高温;ステンレスの凝结びつけはんだ性が強くて、ステンレス精密自動車用金型パーツ加工硬化倾向が强くて、テンスレス加工硬化倾向が强くて、ステンレス抱擁し切れ屑を切削過程中易渋滞に影响する精密自動車用金型パーツ加工の表面をきめ細かくツヤしなければならない。

yizeboke01
文章は宜澤金型アドレスに転载します(http://www.dgyizemold.com/)原文住所は:http://www.dgyizemold.com/news_show_6_28_202.html転载を说明してください

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« プラスチック用金型及び金型... | トップ | 精密ワイヤーカット放電加工... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。