自分の花を咲かせよう

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

二男の背中を見送りながら

2016-12-20 18:55:52 | 日常
朝、アスペルガーの二男を出勤途中送ってあげて
私の車を降りてを振りながら走る背中には
リュックが。
見送りながら、ふと二男が小学一年の頃を思い出してしまいました。
二男はアスペルガー特有のこだわりが強くて
頑なにランドセルの嫌がり、
ずっとリュックで通っていました。
あの頃、担任から、お子さんに付き添ってくださいと言われ
毎朝、引きずるように一緒に登校し、
教室で付き添い、
帰りも
やつ当たって暴れる二男に
ホトホト疲れ果てて一緒にワンワン泣きながら帰った日のこと。
あれだけ二男と一日中一緒だったのは
後にも先にもあの数年だったと思う。
あの頃は、今のような穏やかな生活がくるとは
夢にも思えなかった。
笑顔で走っていく後ろ姿を見送りながら
たくさんの思い出が蘇って
涙が溢れて、仕事前なのに泣けてしまいました。
そんな二男ももう少しで22歳。
男前だし、アスペルガーの特徴は、今では
個性として、魅力的になった。
仕事でボロクソに言われても
暴れることもなく
きちんと我慢して仕事を一生懸命覚える忍耐強さや社会性も身につけた。
本当に本当に
よく頑張ったよね^_^
二男も私も。
そんな風に思えた年末の朝
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 魂の品格 | トップ | 大晦日 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日常」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL