かつらごのにっき帳

見たこと、感じたこと、言いたいことなどを、気の向くままに綴っています。
開始年月日:平成28(2016)年1月17日

終戦記念日

2017年08月15日 | 戦争と平和

マスメディアでは、「終戦の日」と表現しているところがある。記念ということに抵抗を感じる人も多いらしい。

そんな今日、滋賀県平和祈念館に行った。戦争体験を聞いた後、ボランティアによるシベリア抑留の寸劇を観劇した。戦争体験の話では、戦争の悲惨さをあらためて認識させられた。最後に、戦争と平和に関し、自分の思いを語られたのは、印象的であった。寸劇は、ボランティアとは思えないほどの迫真の演技であった。飢え、厳しい寒さ、強制労働、家族が待つ祖国日本に帰るという強い気持こそが、辛さに打ち克ち復員の喜びを得たようだが、亡くなった人々のことを思うと、複雑な気持ちに襲われる。

戦後72年も経つと、悲惨な戦争のことは、遠い過去の出来事となってしまった。後10年もすれば、戦争を語り継ぐ人は居なくなるだろう。平和集会を開くと言えば、会場を貸してくれないところが多いらしい。平和な時代なのだろう。

・・・


この記事をはてなブックマークに追加

予定変更

2017年07月06日 | 戦争と平和

昨日、従兄弟がやって来た。従兄弟は、「ビルマのインパールで戦死した叔父の遺品が、今になって見つかったことから、その遺品を持って靖国神社に参拝してきた」と言っていた。インパール作戦は、補給線を軽視した作戦により、多くの犠牲を出した無謀な作戦であったと言われている。

しかし、身近な平和祈念館には行ったことがないから、案内してほしいということであった。

友人の見舞いにう行く予定をしていたが、従兄弟は会社経営しており、いつも忙しそうにしていることから、急遽道案内してあげた。自宅に戻った後、色々と話が弾み、友人の見舞いを今日に延期した。

今日、友人を見舞った。8時間に及ぶ大手術であったらしい。元気にしており、何よりであった。

結構、用事がある。

・・・

 


この記事をはてなブックマークに追加

猛省の一日

2017年03月09日 | 戦争と平和

本日は、太平洋戦争の勃発の経緯と、戦争は2度と繰り返してはならないことを、厚顔にも40余名の方を前に語ってきた。後でおうかがいしたところ、遺族の方々、当時は子供だった人、両親が満州国や台湾で生まれ方々、戦後生まれの方々もおられた。

人前で話すことは苦ではないが、人前で話すほどの知識や能力はない。上辺だけの話しに終わったのではないかと、反省している。穴があれば入りたい。

先輩から、「良かった。これからも頼む。」と言われたが、全く自信がない。猛省の一日であった。

・・・


この記事をはてなブックマークに追加

ミュージカル「南十字星」

2016年11月21日 | 戦争と平和

11月20日(日)、滋賀県平和祈念館で上映された映画(録画)・劇団四季のミュージカル「南十字星」を鑑賞した。内容に涙し、俳優さんの迫力ある演技、熱唱の凄さに強烈な刺激を受けた。

19日(土)、観光ボランティアガイドの当番日であった。天気予報が雨であったためか、ビジターはなかった。

21日(月)、近江八幡市に鎮座する「加茂神社」に参詣した。パワースポットとして人気があるようだ。どんなパワー知らないが、いただきに行った。未だ実感がない。パワーアップは、自らの努力以外に得られない、そう思っているが、欲しいと願う弱さが腹立たしい。

・・・

 


この記事をはてなブックマークに追加