かつらごのにっき帳

見たこと、感じたこと、言いたいことなどを、気の向くままに綴っています。
開始年月日:平成28(2016)年1月17日

吹奏楽部の定期演奏会

2016年03月28日 | 音楽鑑賞

昨日、母校の吹奏学部の定期演奏会があった。友人から「ぜひ一度」と誘われたことから始めて行った。

生来、音痴・不器用・運動神経の悪さの三拍子がそろっている自分は、音楽をやる人は特別な能力の持ち主だと思っている。顔つきまで違って見える。

友人が、曲名や流行った時代、「これは演奏会の定番の曲」などと、いろいろと解説してくれたが、知らない曲ばかりであった。楽器の名前すら知らない。ただ、軽快な曲ばかりであったような気がする。

演奏に参加した部員はおおよそ60名ほど、ステージがいっぱいであった。管楽器の迫力には圧倒された。熱の入れようがうかがえた。

満席であった。ご家族の方はじめ多くのファンが集ったのだろう。

我慢しなけらばならいこともあった。隣の友人と肩がすり合うほどの狭い座席、窮屈な思いをしながら聴かねばならない。苦痛が感動を半減させる。講演会についても同様だ。これが解消されれば、いつでも行きたい、わがままな年齢にある。

・・・


この記事をはてなブックマークに追加