goo

残されし大地

昨年3月22日に起きた

ベルギー地下鉄テロで

犠牲となられた

ジル・ローラン監督の

遺作です

福島富岡町で暮らす

松村直登さんの暮らしを描く

ドキュメンタリー映画です

 

3月11日より

札幌の

シアターキノで

公開されます

コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )
« 雪割り 7回忌 »
 
コメント
 
 
 
シンクロしました ()
2017-03-08 19:43:21
昨日のニュースで「試されし大地」の上映に先立ち、ジル監督の奥様の鵜戸玲子さまが夫の意志を継ぐべく福島を訪ねて、
ジル監督が見つめた福島の足跡をたどる様子が特集されていました

日本に住んでいたジル監督が福島の様子を映画に撮り、最後の編集のためにたまたま帰国したベルギーでテロに倒れてしまう。
46歳で亡くなってしまったジル監督の使命は、腑に落とすことが出来ない悲劇のその後を紡いでいる人々がいる、そのことに目を向けてもらうこと。人と土地の繋がりを考えてほしいと伝えることだったと感じますと奥様は語られていました
ニュースを見ただけでも涙が止まりませんでした。
とても考えらされる映画のようですね。
キノに行きたいと思いました
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。