ジョージの見てきた世界・ジョージの喜怒哀楽の表情を見せて、ダンディーの生き様をさらけ出す!!
ジョージの愛と青春のマンダムな日々



ちょうど天知茂祭に向けて、川口駅に車で走らせていた時に激しい雨が降ってきました。

毎回ここんとこハプニング続きの天知茂祭ですが、警官や警備員に止められたのと違い、今回は天災なのでしょうがない部分もあります。

結局、第五回天知茂祭はカラオケ屋でパーティールームを借りて、初めて室内の閉じ込められた空間でやる事になりました。

その空間には18名いました。

早速ヒゲ無しのピエール鈴木の開会宣言から、第五回天知茂祭は幕を開けました。ピエール氏は場を盛り上げようと必死に得意のユニークアメリカントークをしてくれて、影のナイス女房役です。

トップバッターは、宮野さん。一気にあの空間のテンションをあげるような歌を熱唱。
ギターのテクニックはもはや言うまでもなく三枚刃カミソリなんですが、歌っている姿に熱い魂を感じました。

正に俺の歌を聞きやがれぇ!!です。

ある意味天知茂がもっとも喜んだダンディーな勇姿だった気がする。

二番目は、その宮野さんがギターを、ゴージンさんがベースを、そしてボーカルは人妻コマネチしーづさんのバンドのCRすぎのこの登場です。

やはりバンドの演奏もしっかりしてるし、何よりコマネチしーづさんの歌声が素晴らしい。人を引き付ける声です。

三番目は今回初めて演奏したエクレアさん。凄い緊張が伝わって来ました。
俺も第一回の時に初めて路上で歌った時は、ガクガクブルブル状態だったから。
でもこういう緊張感も必要です。

4番目は、初参加の辛島さん&タタライさんコンビです。なんとなく七十年代の古きよき時代の歌の良さが入っていて、森田童子好きの俺には心地良くて好きでした。

五番目は、モトヒロさん&佐野さんコンビです。
なんとなく武士を感じました。男の生き方ここにありって感じです。

六番目は風間瞬&梅沢さん。さらに毒姫様も初めて参加。最初の曲では、不覚にも毒姫様のマンドリンを振る姿に見取れてしまいました。なんか俺が大好きだったテレビ東京の深夜に放送されてた伝説の番組「バーミリオンプレジャーナイト」に出てきた女性キャラにそっくりで。味があります。
「風の瞬間」を歌いあげる風間瞬さんの姿。人生を感じます。梅沢さんのギターも歩んできた人生を感じさせる音色でした。

最後にジョージ・アツーシ登場。いつものごとく下手くそだけど、自分なりに愛を込めて魂を込めて「ドッぺルゲンガー」と「鼻毛君とヒゲ子さんの純愛物語」を歌う。

反応は???だが、まぁよし。
最後は風間さんと梅沢さんも加わり、コミカルダンディーズを初披露して「コミカルダンディー」でしめる。

そして、ピエール鈴木の掛け声から全員で「いもの~いいもの~」。鋳物仙人の魂はいつまでも天知茂祭に残ってます。

これにて第五回天知茂祭は終わる。



コメント ( 5 ) | Trackback ( 2 )



« いよいよ明日... 運命の巨乳が... »
 
コメント
 
 
 
先日は・・・ (骨なし)
2005-09-17 02:18:08
先日はトラバ、ありがとうございます!

なかなか、ハードでビートの利いたアーティスティクな毎日ですね・・

マンダムですね

これからもよろしく

 
 
 
批判も怖いんだけどねっ… (Kazuhiko Miyano)
2005-09-17 05:46:56
え~と、基本的に出演者の名前は間違えない方がいいです。辛島ではなくクワシマだったと思います。(違ってたらごめんなさい)

それから、Himeが振っていたのはマンドリンではなくタンバリンだったような気がします。(つ~か、マンドリンは弾くものだと思うのだけど)



そして、このサイト(ブログ)を見ている人に一言。

ジョ-ジ・アツ-シがマジメに一生懸命やろうとしているこの「天知茂祭り」を冷やかすだけでなく、マトモにコメントしてほしい。

まぁ…内容がわからない(テレビで放映しているわけではないので見ることも難しいしね)のでキツイとは思うけど。



もっときちんとジョ-ジ・アツ-シを評価してほしいので。

茶化すのはそろそろやめてください。

ちなみにこの意見に対する批判は僕が受けるので。(ちと怖いけど)よろしくね。
 
 
 
TBありがとうございます (8423qb)
2005-09-28 07:55:51
川口で活動を?川口は思い出深い場所で、懐かしくなりました。今後もダンディなご活躍、期待しております。
 
 
 
宮野さんへ ありがとさーん (ジョージ・アツーシ)
2005-10-03 22:07:44
 返事が遅れてスイマソン。



 名前の件はですね。エクレアさんからメールで

名前を教えてもらったんだけど、その時、辛島さんとタタライさんと教わったんです。



 でももしかしたら、間違っているのかもしれないな。間違ってたらゴメンゴメン。



 あとマンドリン。これは俺の記憶違い。確かにタンバリンじゃないとおかしいっす。



 だけど、なぜか頭の中で記憶をたどってみると、ヒメさんがマンドリンを振っている姿しか思い浮かばないのです。



 俺の中では、なぜかマンドリン。



 なぜだろう。



 あとコメントに関してだけど、そもそもコメントしてくれるだけで、物凄く嬉しくてたまらんのです。



 冷やかしみたいのでも、全然嬉しい。



 大多数の人は何もコメントしてくれないのだから。



 宮野さんみたいに、コメントしてくれる人がたくさん増えるのが、理想だけど、現実はなかなかねぇ。



 だけど、いずれはそうなりたいです。



 宮野さんの気遣いに感謝いたします。
 
 
 
骨なしさん・8423qbさんへ (ジョージ・アツーシ)
2005-10-04 11:07:29
 ありがたや。ありがたや。



マンダムな日々を送っております。



 これからも天知茂祭がダンディー祭になるように

進化していきます。



 もし良かったら気軽に参加して下さいませませ。
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
ワタシと推理モノ (あと2?、おとします)
角川エンタテインメント 犬神家の一族     推理モノ大好き。シャーロックホームズ、ポワロ、ジェシカおばさんの事件簿なんかも見てたし、金田一耕助のシリーズ(やっぱり石坂浩二が一番?「すけきよさぁあああん!」)、天知茂の明智小五郎シリーズ(ちょっと
 
 
 
天知茂の明智小五郎シリーズ (龍の目)
僕が小学生高学年だった頃、つまり昭和60年代になるのですが、 学校から下校して夕方に見る番組といえば、 テレビ朝日系で放映されていた「土曜ワイド劇場 傑作選」というドラマの再放映枠でした。 この再放映枠で頻繁に放映されていたのが、 今回ご紹介する、天知茂