高校受験だけでなく、一生使える!勉強の技術を習得できる 同級生ゴボウ抜き常勝メソッド。

ひたちなか市と那珂市の学習塾・個別指導塾・受験予備校常勝です。

中学受験のための勉強と高校受験のための勉強の違い

2017-08-09 12:43:04 | 日記

ひたちなか市と那珂市の学習塾・進学塾・個別指導塾


受験予備校常勝の吉村仁です。


 


中学受験のための勉強と


高校受験のための勉強は、


非常に違ったものですよ、と


何度か書いたのですが、


 


一般の保護者の方には、


なかなか認識してもらえないようなので、


何度でも書きますが、


 


中学受験のための勉強と


高校受験のための勉強は、


圧倒的に、非常に 違ったものです。


 


ここが分からないと、


高校受験の勉強では、


痛い目に遭う危険性があります。


 


 


どういうことか?というと、


 


中学受験のための勉強というのは、


適性検査まがいの特殊なものだったり、


中3で習う内容なのに小学生に解かせる問題だったり、


また、誰一人、100点がとれないテストだったりするのです。


 


マニアックなクイズみたいな世界です。


 


小学生の本人は理解していないのに、


解き方の手順「だけ」を暗記したりする。


 


勉強ってそういうものだ、


と錯覚して、


その世界を中学校、


つまり高校受験に持ち込むと、


痛い目に遭います。


 


 


どういうことか?というと、


 


高校受験の世界というのは、


問題が難しいかどうか?ではなくて、


日本人として標準だと文部科学省が決めた基礎の内容を


いかに正確に正解するか?


が、問われるわけです。


 


日本人として標準だと文部科学省が決めた基礎の内容


なのだから、


そもそも、超難問などというものは、無いのです。


 


いや、セロとは言いませんが、


合格するためには、


そのような問題は、


存在しないのと同じなのです。


 


要するに、


「普通の」「標準的な」問題を、


100%正解できる能力があるかどうか?


というのが、


高校受験の世界なのです。


 


 


受験予備校常勝も、


昔は英検や漢検などもやっていましたが、


それを止めたのは、


その違いが分からなくなるから、です。


 


英検や漢検は、


問題集を買ってきて、


8割ぐらい正解できるようになれば、


合格できるという、


試験です。


 


でも、


水戸一高に合格したい場合は、


英検や漢検みたいな感覚では、


不合格になってしまいます。


 


8割ぐらい正解できる、では、


偏差値でいえば、


60ぐらいにしか ならないからです。


 


水戸一高に合格したい場合は、


偏差値70以上、ということは、


全教科100%の正解率を目指す


ということなわけで、


 


9割の正解率でも不合格かもしれない、


という、異常な試験なわけです。


 


 


なぜ、そのような


10割の正解率を求めるような


「特殊な」試験なのか?というと、


 


日本人として標準だと文部科学省が決めた基礎の内容を


いかに正確に正解するか?


という能力が 最高レベル、


つまり、


精度 が、問われている試験だからです。


 


要するに、


価値基準が、


難度ではなくて、


精度なのです。


 


精度が高い人が、


最高の評価を得る。


 


これは、


義務教育の目的からすれば、


当然のことです。


 


エラーだらけの人を、


世間が評価するはずがない。


ということですね。


 


 


日本の強みは、


まさに、難度ではなくて、


精度によって支えられてきた、


ということで、


 


その基礎は、


義務教育の精度重視の教育プログラムだった、


ということなのですね。


 


 


学習塾・進学塾・個別指導塾・受験予備校といった


教育業界の罪の部分は、


そういう本質をぐちゃぐちゃにして、


一般の人を混乱させて、


それによって大儲けしてきた、


ということだと思います。


 


 


まあ、私は評論家でも政治家でもなく、


実務家ですから、


そういう前提で指導してきたわけですが、


 


一般人を混乱させてきた


教育業界の罪の部分を、


憎んでいます。


 


 


昔は、


大学受験というのは、


合格も進級も卒業も、


何もかもが大変でした。


 


でも、ゆとり教育の時代から、


そういう状況は激変し、


今は、昔とは違って、


大学なんか、


全体的に、楽勝なのです。


 


競争が、


緩くなったからです。


 


つまり、


今の大学受験は、


昔よりも、その特殊性が無くなり、


高校受験に近いものになりました。


 


難度よりも、


精度が問われるのです。


 


だからこそ、


小学生や中学生のうちに、


精度重視の勉強を、


積み上げていってほしい、


と、願っています。


 


 


 



'LINEで送る'


[`google_buzz` not found]

<g:plusone size="medium" annotation="none" href="http://josyo.jp/?p=5880" ></g:plusone>



Check<script type="text/javascript" src="//static.mixi.jp/js/share.js"></script>

'このエントリーをはてなブックマークに追加'

このエントリーをはてなブックマークに追加<script type="text/javascript" src="//b.hatena.ne.jp/js/bookmark_button.js" charset="utf-8" async="async"></script>

GREE にシェア

Pocket<script type="text/javascript">!function(d,i){if(!d.getElementById(i)){var j=d.createElement("script");j.id=i;j.src="https://widgets.getpocket.com/v1/j/btn.js?v=1";var w=d.getElementById(i);d.body.appendChild(j);}}(document,"pocket-btn-js");</script>





ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ひたちなか市と那珂市の数学対策 | トップ | ひたちなか市と那珂市の受験... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL