此処彼処見聞控-ここかしこみききのひかえ

興味の赴くままに見聞きするあれやこれやを綴ります。

大分北西部紀行 中津城編

2017-10-12 20:33:12 | 日記

耶馬渓の「青の洞門 」からは一気に中津城下へと歩を進めたのでありまして。と、ここで単に中津というでなしに中津城下と申しますのは、やはりここが黒田官兵衛 ゆかりの城下町であるからですなあ。天正十五年(1587年)、九州を平定した豊臣秀吉は黒田官兵衛孝高に功ありとして豊前六郡十二万石を与えられ、領地のほぼ中央に位置する中津に城を築くことに。


…と、この後は黒田官兵衛と中津城話になっていくのですけれど、続きはこちらをご覧願えれば幸いです。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« フランデレン紀行 Harp Conc... | トップ | 地域ならではの商業施設とい... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事