此処彼処見聞控-ここかしこみききのひかえ

興味の赴くままに見聞きするあれやこれやを綴ります。

北安曇紀行 大出の吊橋編

2017-08-16 22:19:53 | 日記

鬼無里 街道の白沢洞門 からくねくね道をひた下り。ようやっと白馬の里に下ってきたというところで、当夜の宿にほど近い場所で最後の寄り道をしたのでありますよ。これまた山々を遠望する撮影スポットといわれておるらしい「大出の吊橋」。大出(おおいで)とは辺りの集落の名前のようですけれど、大出の吊橋と「大」の字が入っているだけで勝手に「大きな吊橋」を想像してしまいましたが、実際はさほどのこともなく…。


…と、この後はその大出の吊橋にまつわる話になっていくのですけれど、続きはこちらをご覧願えれば幸いです。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 空気に敏感でなくてはと改め... | トップ | 北安曇紀行 青鬼集落編 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事