此処彼処見聞控-ここかしこみききのひかえ

興味の赴くままに見聞きするあれやこれやを綴ります。

「三国志」をよく知らなくて…ということ

2017-06-22 18:05:02 | 日記

「漢書地理誌」、「後漢書東夷伝」、「魏志倭人伝」…こうした中国の古い書物の名前は「ああ、歴史の授業で出てきったけなあ」と思うところではなかろうかと。(ただ、授業の中で「前漢書地理誌」とあったような。今は「前」が取れてるのですね)


そうはいっても、知っているのは名前だけでして辛うじて「魏志倭人伝」が先にも触れた邪馬台国 の記述から馴染み度が高いと言いますか。しかしまあ…と、全くもって今さらなことを言い出しますが、この「魏志」というのはかの「三国志」の部分だったのですなあ。

 

・・・と、この後は「三国志」になっていくのですけれど、続きはこちらをご覧願えれば幸いです。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 高知県立美術館で現代美術に... | トップ | 思い出すのはパサデナの住宅... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。