此処彼処見聞控-ここかしこみききのひかえ

興味の赴くままに見聞きするあれやこれやを綴ります。

吉田博は反骨の画家であって…ということ

2017-07-13 20:39:14 | 日記

先日は新宿で世界天才会議 に出くわしたり、芝居 を観たりとしたわけですけれど、も一つ(天才会議の話なんぞよりも)書き留めておこうと思ったものがあったのでして。損保ジャパン日本興亜美術館 で始まった展覧会、「生誕140年 吉田博展-山と水の風景-」というものでありますよ。


…と、この後は吉田博という画家にまつわる話になっていくのですけれど、続きはこちらをご覧願えれば幸いです。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 三味線は伴奏ばかりではなく... | トップ | 暑気払いは「う」の付くもの... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。