此処彼処見聞控-ここかしこみききのひかえ

興味の赴くままに見聞きするあれやこれやを綴ります。

サリエリはウィーンの宮廷楽長で…ということ

2017-07-29 21:05:00 | 日記

まとめ買いしたCDの中からボッケリーニ の一枚を聴いた後に予告しましたように、お次に取り出だしたるCDはアントニオ・サリエリの作品集でありますよ。始まりプーシキン かもしれませんけれど、ピーター・シェーファーの「アマデウス」によってモーツァルト に嫉妬する凡庸な作曲家として有名になってしまったサリエリです。それだけに?このCDも「モーツァルトと同世代の作曲家シリーズ」の一枚ということになっているのですなあ。


…と、この後はアントニオ・サリエリにまつわる話になっていくのですけれど、続きはこちらをご覧願えれば幸いです。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 未来を描くむずかしさ…という... | トップ | 蓄音機はエジソンが発明した... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。