書籍之海 漂流記

看板に掲げているのは「書籍」だけですが、実際は人間の精神の営みすべての海を航海しています。

石川松太郎訳 『庭訓往来』

2017年12月12日 | 日本史
 出版社による紹介

 訳者石川氏の巻末「解説」に、この往来物が朝鮮へと渡って日本学習の教科書(日本語通詞〔通訳官〕の資格を認定するための国家試験の参考書。永享2/1430年頃)の一つにもなったという事実が記されている(343頁)。不思議の感に打たれるとともに、そうなさしめた原因と理由にも興味を掻きたてられる。

12月13日追記
 石川氏は、「解説」で、こう指摘されている。『庭訓往来』の早期の注、いわゆる『旧抄』とよばれるものは、語意や語法、書式については原文に即した手堅い注をつける一方、本文中に出てくる事件・事物・月日・人名にことよせて、「荒唐無稽」な、「さまざまの由来話・縁起譚・民間説話の類い」を、「本文との脈絡などまったく顧慮するところなく、ながながと引用」する、それが同注の特徴であると(347頁)。だが、その「脈絡」――この場合、本文とのそれ、また本文そのもののそれ――とは、何であろう。また何をもって脈略に沿っている、沿っていないと判断するのであろう。石川氏は何に拠られたか。『旧抄』を著した注釈者は、おのれの注の付けかたこそが脈略に沿うものと考えて結果そういった注を著したかも知れないのである。その可能性は吟味せずともよいのだろうか。

(平凡社 1973年11月)

この記事をはてなブックマークに追加

シューベルトのウィキペディア項をみて・・・

2017年12月12日 | 思考の断片
 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%84%E3%83%BB%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%99%E3%83%AB%E3%83%88

 「出典は列挙するだけでなく、脚注などを用いてどの記述の情報源であるかを明記してください」と、注文が付けられている。
 脚注欄をみると引用文献のほとんどに引用頁が示されていない。先ずはこのことを指すのだろう。資料を頭から読んで自分で探せというのだろうか。あとは参考文献だろう。これはウィキのこのシューベルト項に限ったことではなく上は碩学の論著から下は学生のレポートに至るまで実物に接して思うのだが、参考文献とは、「筆者が論著を書く際に参考にした文献」なのか、それとも「さらに知りたい読者が読んだあとで参考にすべき文献」なのか。
 いずれにせよこれもどこを参照した、あるいはすべきなのか、頁数もしくは例えば章数など最低でも明示すべきだろう。本当なら本文中に随時注をつけてここはなにを参考して記述した旨表示すべきである。私は、人がそれをしないことが理解できない。

この記事をはてなブックマークに追加

『徒然草』第209段「人の田を論ずるもの、・・・」

2017年12月11日 | 抜き書き
 引用はこちらから。

 人の田を論ずるもの、訴(うった)へにまけて、嫉(ねた)さに、「その田を刈りて取れ」とて、人をつかはしけるに、まづ、道すがらの田をさへ刈りもて行くを、「これは論じ給ふ所にあらず。いかにかくは」といひければ、刈るものども、「その所とても、刈るべき理なけれども、僻事せむとてまかるものなれば、いづくをか刈らざらん」とぞいひける。
 理(ことわ)り、いとをかしかりけり。


 「刈るべき理」の「理」と、「いとおかしかりけり」の「理(ことわり)」は意味が異なっている。前者はないが、後者は(あって)おもしろいというのだから。後者はいまで言う「理屈」である。前者はなにか。

この記事をはてなブックマークに追加

幾度目かの『梅園哲学入門』

2017年12月11日 | 日本史
 『三枝博音著作集』5(中央公論社 1972年10月)収録、同書139-225頁。
 三枝博音氏の『梅園哲学入門』(1943年6月出版)によれば、三浦梅園の独創性と後世への意義は、一つに、それまでの日本に希薄だった「物質」という概念を“錬成”し、「物」の計量の対象たることを可能にしたこと、二つに、人間と切り離された「自然」概念を“発見”したことであるという。
 梅園の著作何度読んでもよく解らないので(原文はさらなり)、元に戻って双六やり直し


この記事をはてなブックマークに追加

『尚書』「泰誓上」の「惟天地萬物父母,惟人萬物之靈」の“霊”は、・・・

2017年12月11日 | 思考の断片
 『尚書』「泰誓上」の「惟天地萬物父母,惟人萬物之靈」の“霊”は、『尚書正義』の注によれば「精髄」という意味らしい。この世に存在するすべての物(生物を含めて)がはぐくみ育てる存在だからという理屈である。例によって論に証拠はないが。これも備忘に。
 というのは『徒然草』第211段で兼好法師はこの句を踏まえて、「人は天地の霊なり」と書いているのだが、どういう意味で使っているのだろうと気になったからだ。御坊はどの注で『尚書』を読まれたのだろうと。
 ここでのあらまほしき先達は小川剛生氏なのだが(同氏訳注『徒然草』角川ソファイア文庫、くだんの文は196頁)、同書「解説」を読むと、この『徒然草』は何のために書かれたのか、また誰に宛てて書かれたのか(読者層は奈辺か)もはっきりしないという。おのれの無知と鈍感さに驚く。

この記事をはてなブックマークに追加

『賢済往来』(『賢才往来』)のこと

2017年12月11日 | 日本史
 ここに概要の紹介があった。助かった。『日本教科書体系 往来編 第1』(講談社1968/2)で読んで内容のあることに感じ入ったので、そのことを忘れぬようメモ。

この記事をはてなブックマークに追加

上里隆史 『マンガ 沖縄・琉球の歴史』

2017年12月11日 | 地域研究
 再読。
 先日、著者のTWを見て、「どうして琉球の女性は帯を締めないのだろう、この本に書いてあるのかな」と記したが、再読して、平民から王族まで女性は帯を締めない事実が確認できたほかは、理由は書かれていなかった。やはり「そういうものだったから」と云うしかないのかしら。
 なおアマゾンで見たら出版されてから1年あまり経つが値段が高止まりしている。当然かなとは思う。

(河出書房新社 2016年8月)

この記事をはてなブックマークに追加

田村航 『一条兼良の学問と室町文化』

2017年12月11日 | 日本史
 先行研究史整理に、兼良兼良(1402-1481)は復古主義者であるという見方と合理主義者であるという見方、さらに15世紀前半は復古・保守主義者で後半は近代的な実証主義・合理主義者だという見方があるとある。こちらの理解に問題があるのかもしれぬが、構図がすこしく図式的すぎないかと思える。あるいは著者による整理が枝葉の論点を切り捨てて要点だけを提示しているからであろうか。一条兼良が15世紀前半は復古的な保守主義者で後半死ぬまでは近代的な実証主義的な合理主義者だったとする見方は、これは戯れに前に書いたことがあるが、イランの詩人サアディーを、生まれたときからホラズム朝が滅びるまではテュルク人で、その後は死ぬまでモンゴル人であるというようなものかとさえ。

(勉誠出版 2013年2月)

この記事をはてなブックマークに追加

子安宣邦 『漢字論 不可避の他者』

2017年12月11日 | 日本史
 「訓読は翻訳である」(第三章 他者受容と内部の形成――漢文訓読のイデオロギー」)。まことにそのとおりである、これも著者が指摘するようにそれが原文の音読(と併用されていたあいだは。音読すなわち直解である。

(岩波書店 2003年5月)

この記事をはてなブックマークに追加

小川剛生『武士はなぜ歌を詠むか』 - はぐれ思想史学徒純情派

2017年12月10日 | 日本史
 http://n-shikata.hatenablog.com/entry/20121008/p1

 訳注『徒然草』(KADOKAWA【角川ソフィア文庫】2015年3月)にひきつづき同じ学者による卓説を伺った。適塾で緒方洪庵の講義を傾聴した後の福澤諭吉のような心地である。

この記事をはてなブックマークに追加