書籍之海 漂流記

看板に掲げているのは「書籍」だけですが、実際は人間の精神の営みすべての海を航海しています。

小尾郊一 『中国文学に現れた自然と自然観 中世文学を中心として』

2017年07月29日 | 文学
 漢代の賦に現れた自然描写は、賦自身が、おおむね作者の学力を誇示するために作られたため、奇字妙句の羅列に終り、真の自然美を描写することからは、かえって遠ざかってしまい、机上の空想の作、文字の遊戯に終ってしまった。 (「第一章第三節 賦と自然」本書233頁)

 要するに詠物詩は、ある一つの事物の形態について、考えられるだけのことを書くという、作者の思考力の限界を示すことに興味があると言えよう。つまり眼前の感動を受けた姿のみを描くのではない。 (同、247頁)

 客観的事象を専一にとらえるようになっても、いまだオレはオレは状態は完全には脱しきっていないということである。
 なお続く以下の指摘が個人的には非常に面白い。

 これはあたかも、六朝の義疏学は、ある一つの事についての証明に、考えられるだけのことを考え、議論のありたけを尽くすのとよく似ている。 (同、247頁)

(岩波書店 1962年11月)
『本』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 網祐次 『中国中世文学研究... | トップ | 横山紘一 『唯識思想入門』 »

文学」カテゴリの最新記事