書籍之海 漂流記

看板に掲げているのは「書籍」だけですが、実際は人間の精神の営みすべての海を航海しています。

福井佳夫 『六朝文評価の研究』

2017年05月16日 | 文学
 出版社による紹介。 とりあえずは四六駢儷体のみについてだが、ともかくも、文言文の文体論を、客観的評価の土俵上に上げた。換言すれば、反証可能な学問分野にした。

(汲古書院 2017年1月)
『本』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アダム・スミスは『修辞学・... | トップ | 興膳宏 『新版 中国の文学理... »

文学」カテゴリの最新記事