書籍之海 漂流記

看板に掲げているのは「書籍」だけですが、実際は人間の精神の営みすべての海を航海しています。

森平雅彦 『モンゴル帝国の覇権と朝鮮半島』

2012年07月11日 | 東洋史
 どうも朝鮮(高麗)に肩入れしすぎているような印象を受ける。征東行省の丞相たる高麗王だったのか、高麗王が征東行省の丞相を兼ねていたのか。元との間で交わされた「咨」という文書形式は、内国(地方政府)扱いということだろう。その点について、著者は納得のいく答えを提示してはいない。

(山川出版社 2011年5月)
『本』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 中村喜与志 『クルド人とク... | トップ | サビロワ 『タタールスタン... »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
はじめまして (くれど)
2013-11-05 12:52:41
高麗は 蒙古に対して 独立していたんだからね!とか
元寇の時は 高麗も苦労したんだからね

といいつつ ちがうものが見えてくるのが サイコ―です
半島が すぐ近くの九州だと
いろいろ言い難いことも?

http://www26.atwiki.jp/crescent_castle/pages/17.html
ここを裏つけることができて おもしろかったです
御礼 (joseph)
2013-11-05 20:27:07
くれど 様

コメントありがとうございました。自らがあるべき(あってほしい)と思う歴史と、実際にあった(あるいは他者から見た)歴史は違うということでしょうね。

東洋史」カテゴリの最新記事