書籍之海 漂流記

看板に掲げているのは「書籍」だけですが、実際は人間の精神の営みすべての海を航海しています。

郭書春主編 『中国科学技術史 数学巻』

2017年03月13日 | 数学
 出版社による紹介

 実用一辺倒ではなく理論があった、帰納もあった、演繹もあった、証明もあった等々、西洋数学にあるものは中国数学にも元々よりあったという論調。それでなにがどうなるというのだろう。

(北京 科学出版社 2010年10月)
『本』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 宋栄培 「略論利馬竇向東方... | トップ | 牧野信也訳 『ハディース ... »

あわせて読む