書籍之海 漂流記

看板に掲げているのは「書籍」だけですが、実際は人間の精神の営みすべての海を航海しています。

井上正美 「『格義仏教』考」

2017年05月26日 | 地域研究
 高崎直道/木村清孝編『シリーズ・東アジア仏教』3「東アジアの仏教思想Ⅱ」(春秋社 1997年5月)所収、同書293-303頁。

 日本の中国仏教史家のみが用いる用語「格義仏教」とは、中国の東晋時代に、仏教の教理を解釈するおりに仏家たちが「格義」という方法を用いた」という「風潮」、もしくは「方法」ないし手段にすぎず、実態として「格義仏教」などというものは存在せず、当時「『格義』という方法が流行した」だけの事実であるという議論。
『本』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« K.J.ホリオーク/P.サガード著... | トップ | 渋谷研究所/菊池誠 『信じち... »

あわせて読む