書籍之海 漂流記

看板に掲げているのは「書籍」だけですが、実際は人間の精神の営みすべての海を航海しています。

新沖縄北方担当相称将念公文以避免答弁出錯遭批  共同網 

2017年08月08日 | 人文科学
 原題:新冲绳北方担当相称将念公文以避免答辩出错遭批 共同網 

  首相安倍晋三刚刚撤换了前防卫相稻田朋美和前法相金田胜年等失言和国会答辩不稳定的阁僚,也存在新任阁僚不慎言论成为打击的可能性。

 漢語のジャーナリズム文では「可能性」という語彙を用いるが、それによって筆者の観測を書くことができるという一例。ただこの文にはわずかに“和習”がする。それは、それが筆者の個人的な希望もすこし混じり込んでいるようであるところである。中国の同種の文体の「可能性」には、国家の立国の基盤となっている思想的見地に基づく「予測」や「当為」が、そして/もしくは、その“公”の“原則”に寄生しての筆者個人の“私”的な「好悪」が、封入されるのであって、そこが異なるようだ。
ジャンル:
文化
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 小松謙 『「現実」の浮上 「... | トップ | 『孟子』の「告子篇」に「凡... »

人文科学」カテゴリの最新記事