書籍之海 漂流記

看板に掲げているのは「書籍」だけですが、実際は人間の精神の営みすべての海を航海しています。

胡応麟 『四部正訛』 下

2017年02月13日 | 東洋史
 テキストはこちら

 凡核偽書之道核之七略以觀其源核之群志以觀其緒核之並世之言以觀其稱核之異世之言以觀其述核之文以觀其體核之事以觀其時核之撰者以觀其托核之傳者以觀其人核茲八者而古今贗籍亡隱情矣。

 『七略』が間違っていたらどうするのか。
『本』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 増井経夫 『大清帝国』 | トップ | 祥見知生 『うつわを愛する』 »

あわせて読む