書籍之海 漂流記

看板に掲げているのは「書籍」だけですが、実際は人間の精神の営みすべての海を航海しています。

ロラン・バルト著 沢崎浩平訳 『旧修辞学 便覧』

2017年05月12日 | 人文科学
 さすがに、「ここで取り上げる修辞学とは、紀元前五世紀から十九世紀まで西欧に君臨したメタ言語〔原文ルビ。ランガージュ〕をいう」と、冒頭断ってある(「緒言 0.1 修辞学の実践」本書6頁)。というより他の多くがこれをしないのはどういうわけか分からない。

(みずず書房 1979年4月初版、2005年1月新装版)
『本』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« グループμ(ミュー)著 佐々木... | トップ | 磯川治一 『直喩と英語の文体』 »

あわせて読む