書籍之海 漂流記

看板に掲げているのは「書籍」だけですが、実際は人間の精神の営みすべての海を航海しています。

北条泰時 - Wikipedia

2017年02月13日 | 日本史
 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8C%97%E6%9D%A1%E6%B3%B0%E6%99%82

 「御成敗式目」は日本における最初の武家法典である。それ以前の律令が中国法、明治以降現代までの各種法律法令が欧米法の法学を基礎として制定された継承法であるのに対し、式目はもっぱら日本社会の慣習や倫理観に則って独自に創設された法令という点で日本法制史上特殊な地位を占める。

 泰時自身は、「御成敗(貞永)式目」に拘束されたのだろうか。素人なので基本のところが分からない。
ジャンル:
その他
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ジャック・ロッシ著/染谷茂校... | トップ | 増井経夫 『大清帝国』 »

日本史」カテゴリの最新記事