ときどき植木屋

ときどき植木屋、ときたま畑仕事、社会のことが気になる。

無残な巨木

2016-11-12 08:21:52 | 日記

 先日、春日町を訪れた。春日町の町名由来は、「春日局」の出身地だから付けられたと記憶していたが、調べると古代の「春部(かすかべ)」に相当することからきたものという。いずれにしても古い町である。

 町内のあちこちの小さな祠に巨木があり、町の古さを感じさせられた。散策中に人家の近くで枝払いされた巨木に出くわした。(下写真)

 あまりにも巨大で人家のへの影響を考慮して切られたものと思うが何百年と生きてきた巨木が気の毒な気もした。ガラケイで撮ったので良い写真ではないが、樹の大きさが判るように隣に人を立たせるべきだった。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 伊根の船屋 | トップ | 今朝のスーパームーン »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。