Chateau Grand Vin日記

◯◯◯プロデューサーJの日常のつれづれ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

もとや食堂 京橋本店(大阪市都島区) 後編

2017-01-04 17:46:02 | Weblog
店内には四人掛けテーブル6卓と二人掛けテーブル2卓が配置されていました。


私が入った時はまだ空いていましたが、あっという間に満席になりました。入れ替わり立ち代わり次々とお客さんが来られます。


そして油物を控えている私が頼んだのは



刺身定食 380円


あまりに申し訳ないので、こちらも追加オーダーしました。


麒麟ビール 大瓶 430円


料理の味はと言いますと予想に反して悪くありませんでした。少なくとも赤身と中トロが入って380円なら全然、リピート有りかと。


因みに麺類や丼物の価格は下記の通りです。



天ぷらうどん 280円、きつねうどん 180円



かつ丼 330円、天丼 330円、親子丼 330円



「こんなに安くて大丈夫かな??」

と思ってしまいますが京橋駅寄りの徒歩数分の所に「もとや南店」もオープンし、帰り道に外から眺めたら超満員でした。
どうやら杞憂のようです。
コスパを重要視する大阪人にぴったりのお店だと思われました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

もとや食堂 京橋本店 (大阪市都島区)前編

2017-01-04 15:44:38 | Weblog
今年、正月明けの初出は1月5日です。
バタバタするのが目に見えていたので一日早く本日から休日出勤することにしました。

でも、せっかくの休日ですので、お昼御飯は知る人ぞ知る、今話題の店「もとや食堂 京橋本店」に初訪問しました。




一見、普通の大衆食堂ですが、何故、話題かと申しますと





海老フライ定食 380円



もとや定食 430円



A定食 530円



トンカツ定食 380円



天ぷら定食 380円



焼肉定食 480円



上定食 680円


と高校や大学にある学生食堂並みの値段なのです。
聞くところによると 40年前から値上げしていないそうです。







それでは、いよいよ、もとや食堂内へと潜入することにします。





つづく


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

清和荘(京都市 伏見区)のおせち料理

2017-01-01 12:25:16 | Weblog
新しい年となりました。
皆様、本年もよろしくお願い申し上げます。

今年の我が家のおせち料理は京都市 伏見区に有る料亭「清和荘」のものをいただいております。









京料理ですので基本的に薄味ながら「旨味」がしっかりと有ります。
ここ数年のおせち料理の中では家族内で一番、評判が良かったと思われます。
(無くなるのも早かった)


こちらの二段で 五万円+消費税です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

西天満 中村 (大阪市 北区) 後編

2016-12-31 13:14:44 | Weblog
料理の最後は河内鴨の朴葉焼き と 加賀蓮根に ブランド牛蒡(産地失念)






その後、御飯と香の物。



大根と菜っ葉の御飯にホタテが添えられていた。


デザートはバニラのアイスクリームと、酒粕のアイスクリームと、ラフランス。




これでコースは終了となった。


全体として
① 食材の質が良い
②調理の技術が確か
③品数が多く、かつ一つ一つの料理に手が込んでいる

という印象を受けた。


店主、中村明美さんは40歳前後。
20歳の時に料理の世界に入り 上本町の料亭「和光庵」、宗右衛門町「懐石 本多」、心斎橋「海櫻」、北新地「割烹まつもと 永楽店」、「割烹まつもと 北新地 堂島店」等での修行を経て独立された。


通常、一般的に女性が店を始める際、ご主人であったり、「影のオーナー」であったり、「スポンサー」であったりの助けを受けるという話を良く聞く。

しかし 中村さんは未婚であり、かつ影のオーナーやスポンサー等は全く無く、よって全てを自らの力で切り開かれた。
つまり中村さんの完全かつ純粋なオーナー店ということである。

これだけの店を開くにあたって相当な借入を起こさなければならなかった事は想像するに難くない。
余程の勇気が必要だったであろう。

本日の料理からは、中村さんの そんな勇気と覚悟が感じられたのである。







コメント
この記事をはてなブックマークに追加

西天満 中村 (大阪市 北区】中編

2016-12-31 11:24:06 | Weblog
店内は思いの外広く重厚感がある。
客席は白木のカウンター7席のみ。
カウンター正面に錫製の大きな板状のオブジェが渋い光を放っていた。





当店の料理は一万円の懐石料理コース 一本のみである。


まず一品目は蕪蒸し。
中心部分がくり抜かれ味噌が添えられている。










刺身は左手から北海道産 松川ガレイ、中トロ、山口県産ケンサキイカ。
因みに松川ガレイは鯛よりも高級な食材である。





お椀は鱈の白子のすり流し 道明寺麩を添えて。





八寸は左から生湯葉の柚香焼き、蘇(古代のチーズ)、和三盆をつかった厚焼き玉子、足赤海老、海老芋、鯛の昆布締め明太子和え、河豚の唐揚げ、クラゲの土佐酢漬け。






焼き物は石川県産 天然ブリの酒盗焼き。






餅花という料理。餅の周りに蕎麦粉があしらわれている。熱を加えると割れて餅が花のように開くことからこの名前が付いたそうである。



この後 コースは終盤へと向かって行く。





つづく
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

西天満 中村 (大阪市 北区) 前編

2016-12-30 18:49:01 | Weblog
地下鉄 御堂筋線「淀屋橋駅」で下車し北に向かって歩く。
大阪市役所で東に折れ川沿いに歩くと「水晶橋」という美しい橋が見える。
その橋を渡った辺りが「西天満」というエリアである。

近年、この西天満に名店が続々と誕生している。大阪屈指の繁華街である「北新地」から程近く、その割に環境が良くて静寂であることも、その要因と言えよう。

フレンチレストラン「ユニッソン・デ・クール」、ワインバー「コネクション」、串揚げ「キュイジーヌ・オオサカ・リョウ」はその一例である。今は大阪・福島エリアに移転したミシュラン二つ星「アキュイール (ポワンに改名)」も、かつてこのエリアに存在した。


数日前に学生時代の後輩と連絡を取った。
年末、彼が東京から帰省する度毎に大阪のどこかで会うのが我々の決まりごとである。
そして今回の待ち合わせ場所が先月 11月11日にオープンしたばかりの和食店「西天満 中村」であった。


大阪地方裁判所沿いの道を通り越し「老松通り」から路地に入った。





そのまましばらく進むと路地裏に一軒の店が姿を現わす。











店内へと足を進めた。







つづく


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

オーブッシュ (島根県 浜田市)

2016-12-30 11:26:03 | Weblog
先日の山陰出張でお客様から良いと聞き訪問してきました。(一匹で)




ニース風サラダ




鮮魚のカルパッチョ




ミラノ風仔牛のカツレツ





バゲット


(女性)店主は東京のレストランで修行を積んだと聞きます。

これだけ食べて、ビール1杯、白ワイン1杯飲んで 3千円代半ばという安さ。

カウンターが無いので一人で行くには少し居心地が良くないかもしれませんが、それでもまた再訪したいと思えました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

九州で一番好きなフレンチ (熊本県水俣市)

2014-11-14 19:32:47 | Weblog









出張中は一人ということもありフレンチにはあまり行きません。
でも、この町に来ると、どうしても、この店に行きたくなってしまいます。とやかく言わず写真を見ていただきましょう。


写真は上から順番に

きびなごの天婦羅

自家製パン

自家製パンのアップ

戻り鰹の炙り 赤ワインソース

季節野菜のポタージュスープ

真鯛の頭とカマのロースト 香草風味

交雑牛赤身とフォアグラステーキ 海藻赤ワインソース

デサート (内容失念)

です。
いつ食べても何を食べてもハズレなしのビストロ•バンボッシュ。
私の長期出張における心のオアシスです♡


(とハードルを上げてシェフにプレッシャーを与える•••笑)



ビストロ バンボッシュ

熊本県水俣市大黒町2-3-8

日曜日は休み









コメント
この記事をはてなブックマークに追加

日本一の大判焼きかも! 蜂楽饅頭 (熊本県水俣市)

2014-11-13 20:05:51 | Weblog




皆様、大判焼きって食べられますでしょうか?あの丸いアイスホッケーの玉みたいな食べ物です。地域によっては回転焼き、とか今川焼きと言いますね。

私、酒飲みなので普段あまり甘いものを食べないのですが蜂楽饅頭という名の大判焼きは、かなり好きです。価格は1個 90円で黒餡と白餡の2種類有ります。
蜂楽饅頭が、どの位のレベルなのか検証する為、日本各地の大判焼きを試食してみましたが今のところ

「蜂楽饅頭、向かう所、敵なし」

つまり

「暫定 日本一の大判焼き」

ということになります。

美味しさの秘密は
1、「ニオ干し」という方法で自然乾燥された北海道 十勝産の小豆を使用していること

2、小豆をコンピューターと手作業で選別していること

3、この会社が戦前より養蜂業を営んでいて、そこで出来る国産純粋蜂蜜を使用していること

らしいです。

水俣が発祥ですが今では福岡県、熊本県、鹿児島県、宮崎県の計17ヶ所に、お店が有ります。

あなたも一度、九州で蜂楽饅頭を食べてみてはいかが??




蜂楽饅頭 水俣本店

熊本県水俣市旭町2丁目1-1
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

久しぶりの天文館 その3 (最終話)

2014-11-12 20:02:44 | Weblog





夕食の宴会は「一代 (鹿児島市樋ノ口町10-40」という店。
扉を開けた瞬間

「濃い」

と感じてしまう大衆酒場でした。昭和の雰囲気が有り、いい味出してます。店主夫妻らしき方は、ご年配で随分長く続く店なのだろうと察しました。

料理について言えば、おでんは私の好みではなく次に出てきた鳥の唐揚げは可もなく不可もなしのレベルでしたが、その後のカキフライはカリっとしていい感じで締めの鰻の蒲焼きと御飯は、さすが特産地だけあって美味しくいただきました。

ここは料理というよりは雰囲気と、「あらかじめ前割りされた美味しい焼酎」を楽しむだけで充分満足だと思えました。



その後、伺ったのは「櫂・・かい (鹿児島市千日町3-2 かまつきビルB1」という焼酎BARでした。
櫂とは焼酎を仕込む際にかき混ぜる木の棒のことですが店内には本物の櫂が何本も飾られています。こんなの普通に売ってるものでもないし、きっと焼酎の蔵元さんとの結びつきが強いのだろうと想像しました。

店主「まなみどん」はとても面白いキャラクターの持ち主で彼女の陽気な言動に客一同、笑いっぱなしでした。
笑い過ぎて涙が出そうな程。
「笑いあり涙あり」で楽しい鹿児島の夜は更けていきました。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

久しぶりの天文館 その2

2014-11-11 17:48:40 | Weblog







今回の珍道中にはコセド酒店 従業員の米盛さんも、ご一緒されました。コセド酒店で蔵元廻り担当をされていた方で焼酎業界では名の知れたお方。浅草 ◯吉八店主 水谷さんのご主人にあたる方です。

その米盛さんが私に
「お酒を飲む前にちょっと 出汁飲んで行きません?」と一言。
その瞬間、私、転げそうになりました。
「お、お出汁ですか??」

連れて行かれたのは「巧房 (鹿児島市東千石町11-6)」という、そばつゆの店でした。サーバーから、お出汁が出てきます。一杯 110円。まずはそのまま飲んで、お出汁を感じた後、そのままだと薄いので鰹節、醤油、柚子胡椒をお好みで入れて味を整えます。
「こ、これは珍しい」
飲むと何か、ほっこりしました。味噌汁を飲んだ時に感じるのと共通する何かが有ります。
水谷さんいわく
「この巧房の そばつゆで黒豚しゃぶしゃぶをしたら、すごく美味しいんです」


その後、「宴会の店に行く前、10分間だけワインバーに行きませんか?」という米盛氏の提案で訪れたのが「シャルル・マーニュ (鹿児島市東千石町2-18) 」でした。

こちら立ち呑みワインバーでガレットやチーズにも力を入れられているとのこと。
シードルをボトルで頼んで皆で分けて飲みました。アルコール分が 2パーセントなので酒豪が多い◯吉八一行にはジュースみたいな感覚でしたでしょう。

さあ、食前酒も飲んだので、その後は夕食の店に向かって少し歩きました。



つづく

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

久しぶりの天文館 その1

2014-11-10 20:31:43 | Weblog






東京 浅草雷門前の「◯吉八」店主 水谷さんに「11月9日は鹿児島にいらっしゃいますか?」と以前尋ねられたことがありました。
鹿児島で何かの会があるのだろうと思っていましたが、その日たまたまと言うか運良く鹿児島県北部で商談があるので足を伸ばして鹿児島市内に一泊することにしました。


待ち合わせ場所は コセド酒店 天文館店 (鹿児島市東千石町8-26タカダビル1F)。

コセド酒店は多数の幻の焼酎を世に送り出したことで有名な鹿児島を代表する焼酎地酒屋です。

そこで待っていたのは◯吉八の店主夫妻とスタッフ、常連の皆さんでした。水谷さんの鹿児島帰省に合わせてスタッフと常連の皆さんが付いて来たようです。私を含めた総勢10名程での珍道中の始まりです。






つづく
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

こんなところにアサヒ商会が!!

2014-11-09 12:56:04 | Weblog




佐賀県内の国道498号線を南下中、突然現れたこの看板とこの字体。アサヒ商会だー! ものすごくテンションが上がりました。

アサヒ商会は函館発の激安ガソリンスタンドで他店よりリッター 7円安いのが特徴です。
全国に50店舗あり私も良く使わせていただいてます。山形県 酒田給油所、長野県 佐久給油所、青森県 青森中央インター給油所、茨城県 水戸給油所、福岡県 小倉給油所、宮崎県 延岡給油所には毎回、必ず立ち寄ります。

安さの秘訣は諸説あるのですが製油所の余剰在庫を商社から、かなり安くで大量買いしている為というのが有力でしょうか。

もちろん、激安だからと言って喜んでばかりはいられないという意見も多々あります。激安が新たなる激安を生み適正価格で真面目に営んでいる店を駆逐してしまうかもしれません。デフレになって給与も下がり真面目に働いても結婚できない人を生み出してしまう恐れもあります。

そんなことを考えながらもアサヒ商会を発見しては本能的にハンドルを切ってしまう小市民の悲しさ。(私のことです)
ガソリン代が高騰している昨今、弊社の様な吹けば飛びそうな超零細企業には確かに有難い存在であります。
近畿、北陸、中国地方にほ、まだ無いようですが

「早く出店してくれ」

と願う自分勝手な私がおりました。



アサヒ商会 鹿島給油所

佐賀県鹿島市中村1644-1
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

caffe Luna と taco bar (佐賀県唐津市)

2014-11-08 23:29:55 | Weblog






唐津で飲食店を探すも、なかなかいい店が見つからない。唐津名物イカシュウマイは美味しいけど何度も食べた。
と思いながら歩いていると何か感じのいい店が二つ並んでいる。その内の左側の店 cafe Lunaに入店した。

カフェ ルーナの名物にLunaカレーと焼きカレーがあるらしい。今日の気分で焼きカレー(750円)を選択。カレーの上にチーズ、中に玉子が入っていてお酒が進む。生ビールはもちろんのこと麒麟のウイスキー富士山麓にも良く合った。

店内には唐津焼きの器が多く有り珈琲等はそれで供されるらしい。
店主は30代と思われる感じのいい女性である。


少し飲み足らないので隣のtaco barという店へ。ここの店主も30代らしき感じのいい男性である。
一番人気の名物たこ焼きジェノベーゼソースは今まで食べたことがない味。でも悪くない。たこ焼きの玉自体も大阪のたこ焼きと比べて特に遜色なかった。佐賀の純米酒 鍋島は唐津焼で供された。

実は、この両店の店主、事実上のご夫婦で遠からず入籍される予定とのこと。いつまでも仲良く。末永く幸せに。



cafe Luna

佐賀県唐津市京町1768-4


taco bar

佐賀県唐津市京町1768-6
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

万龍 (北九州市小倉北区)

2014-11-06 22:13:07 | Weblog






本日、小倉泊。
以前より宿泊先のホテル近くに「小倉一美味しいラーメン屋」があると聞いていたが検証する為、訪問してみた。

まず頼んだのがビール。
アサヒか麒麟かと聞かれて迷わず麒麟と答える。ビールには自動的に高菜が付いてくる。辛くはなく優しい味付け。


次に名物 鶏のから揚げ。噂によれば「唐揚げの町、中津」の唐揚げ専門店に勝るとも劣らない味らしい。大きなのが7個も入っている(750円)。
これを全部食べるのは私には絶対ムリ。




最後にラーメン登場(600円)。トンコツベースだが濃くもなく薄くもなく優しい味で丁度いい感じ。このラーメンにはコショウなど余分な物を添加しない方が私は好きかも。小倉一かどうかは分からないがレベルが高いのは間違いない。




残った唐揚げは、おみやにして明日の朝食に。



万龍 (ばんりゅう)

福岡県北九州市小倉北区古船場町7-8

20:00~翌3:00

日曜は休み
コメント
この記事をはてなブックマークに追加