ジョニーの日記

ベランダガーデンと犬猫、そして手作り

リッキーの思い出と羊毛リス

2016-10-18 | 羊毛フェルト
まだ子供たちが小さいかった頃、私は一匹のシマリスを飼ってました。

名前を『リッキー』とつけて、かなり溺愛してました。

その当時、子供たちは3歳と1歳で、とっても手がかかりましたがリッキーのお世話が楽しくって頭の半分くらいはリッキーが占めていたような気がします(笑)

赤ちゃんの頃は小さなゲージで飼ってましたが、運動量が多いのでどんどん大きなゲージに変えていき、3度目のゲージは縦にとても長く大きなものになってました。

ゲージのお外で遊ばせるときにも少しでも自然の雰囲気を味わってもらいたいと思ってあれこれ気に入りそうな木を買ってきたり。

これは結構気に入ってくれた柑橘類の木です。

1日1回はケージから出して遊ばせてました。たくさんの木の実をせっせことエアコンの上に貯めてる姿やそ~~っとケージの巣箱を開けると木の実を10センチ以上貯めてその真ん中を少しくぼませて丸まって寝ている姿とか、ほほえましいシーンがたくさんあって忘れられません。

シマリスって普段しっぽはあまり太くなく、怒ったり、びっくりした時にフワ~~ッと毛を逆立てるので太く見えます。

普段は案外と貧相な感じなんです。

あまり長生きさせてあげられなかったのが心残りです。1月の寒い日に突然死んでしまいました。

等身大のシマリスを作りました。

シマリス大好きな私としては・・・『かわいいな・・・かわいいな・・・』

もっと何匹も作りたいな。

って思うのですが、きっとできません(笑)


かわいい小さな切り株を持ってたのでちょうど使えました。

後ろの巣箱はリッキーに買ってあげたのですけど、まったく使ってくれず撃沈したもの…(笑)
この巣箱から顔出したらかわいいな~って妄想だけで終わりました。



いっぴん堂で販売中です



にほんブログ村 花・園芸ブログ ベランダガーデンへにほんブログ村










『手芸』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 雨のベランダ&上の子の発表会 | トップ | つぼみ対決 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (urutemi)
2016-10-18 19:38:13
FBに投稿されていたのを拝見して、
なんて可愛いんでしょ!と感激致しましたが
モデルさんのリッキーちゃんがいらしたのね。
思い出しながら作られたのね。
その過程を想像すると、じぃぃ~ん!となりました。
すてきっ!
urutemiさんへ (ジョニーの日記)
2016-10-18 20:29:27
こちらにも来ていただいてとっても嬉しいです~
シマリス大好きで、何度か作ってるのですけど、等身大は初めてで、ちょっと気合が入ってしまいました
何匹かいたらかわいいな~と思いながら妄想で終わることが多いデス
リッキーは一度も外に出ることなく、家の中で終わってしまいましたが、外の空気を吸い、木々を上ったり、走ったりできたらどんなに喜んだことだろうといつも思ってました。
Unknown (RUNAのおかあさん)
2016-10-18 21:10:23
なんて偶然なんでしょう
私も20歳のころシマリスを飼ったことがあります

そして二人の娘も20代の頃、飼っていたんですよ
「おいで」と呼ぶと来るんですよね
以外とおりこうさん

そうそう お腹の前の手や ひまわりの種をくるくるっと回して食べるしぐさも可愛いですよね

出来上がったものは本物みたいで、今にも動き出しそうですね~~
RUNAのおかあさんへ (ジョニーの日記)
2016-10-18 21:43:43

まあ!!なんて偶然!!
シマリスを飼ってた方、周りにいなかったのでなんだかとってもうれしいです~
お嬢様たちも飼ってたとは・・・皆さん、リマリスがお好きだったのですね。
シマリスは本当に頭が良くって、『のぼりたい』とか思ったら何十回失敗してもあれこれ知恵を絞って登ろうとするんですよね~。決してあきらめないところ・・・あっぱれでした。
いつも私とリッキーで知恵比べして私は必ず負けて、『悔しい~~』って本気で思ってました
リッキーに教えられること、たくさんでした
それまでは動物をかわいがる対象と見てた面が多かったと思うのですが、そのころから、『共生』っていうことを考えるようになったんですよ~
○○らしさを大事に・・・そして一緒に暮らすから寄り添えるところも見つけて。
私の動物との暮らしの原点がリッキーだったのです




コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む