goo

帰還

デブッチョ(=。=;)どぉす~

親分・隊長が帰還しました。

でも・・・ 出張中に溜まってしました仕事をすたこらサッサァ~

お客さんの訪問も次々と

今日は隊長の愉快なトークショーはあるのかな?

みなさん、お楽しみにぃ~

デブッチョ(=。=;)も、お客さんの対応にすたこらサッサァ~

今週は、ジモティーからのお問い合わせが多い週でした。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

震災

こんばんは (=。=;)

最近のテーマは、身の回りで~す

電源日記に何の関係が・・・・・ 深い事は聞かないでね。。。

中国の地震の凄い事 

ジョンがる平野も日本海中部地震の時は凄かったんです デブッチョ(=。=;)は、小学生くらいでした。 校庭の池が割れ、鯉さん達が・・・ 通学路は倒壊した建物で大変な事に・・・ と言う感じに、四川省の映像を見ていると思い出しました。

日本も地震大国ですから、地震対策をきちんとしないといけませんね。

ん?・・・

デブッチョ(=。=;)のシステムは、ヤバいかも。。。スピーカー落ちないようにしないと・・・

さて、隊長から応答はあるかな?

デブッチョ(=。=;):隊長、応答願います。

隊長: ・・・・・・・・・・・・・・・・・・

応答無し。

では、明日をお楽しみに~

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

火災警報器

こんばんは デブッチョ(=。=;)どぉす

最近、CMで住宅に火災警報器が必要になります。と言われてますが・・・

デブッチョ(=。=;)は、まだ付けてない・・・ 

法律的にどうなるんだろ? 設置場所は? 解らないことがいっぱい

大事なオーディオ機材を守る為にも早く付けないと

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

フライト&セッション

親分と隊長が、飛んで行きました。

残された・・・・・

デブッチョ(=。=;)は・・・・・

ショッキングー

な!訳はなく・・・ 新進と次の開発に飛んでまする。

今度の【新商品】は ジャガジャガジャーーーン

まだ ヒ・ミ・ツ・・・・

さてさて、タイトルのセッション?意味深ですねぇ~

デブッチョ(=。=;)も気になる。。。 

『Aray6』が登場して、1ヶ月になりました。早いですね~!順調に生産も続きお客様に納品してます。 お買い上げ頂きましたお客様ありがとうございました。

デモ機貸し出しも順調です。まだ『Aray6』を聴いてない方、ぜひ聴いてくださいね。

ではまた! 

おっ!。。。

隊長!・・・・・・・・・・ あっ・・・・・・・・・・ 電波が・・・・・・・・・・・・ あっ!

次回予告!

絶対見てねぇ~!

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

オーディオ機材の入力段

こんばんは、ジョンがる隊長です。

今日は少しだけ学術的?に・・・

ご存知の方も多いと思いますが、オーディオ機材(代表的なのはアンプかな?)の入力は、商用電源からAC100V(とりあえず国内仕様ということで)が供給されます。

AC100V(交流)は大型のトランスを介在して、トランス2次側の電圧は、後段の増幅回路やコントロール回路が、動作・機能できるような電圧まで減圧(降圧)されます。(この時点ではまだ交流です)

低い電圧になった交流電圧は、整流ダイオード(交流を直流化するために波形の流れを整える部品)を経由し、平滑用のコンデンサに供給されます。

コンデンサは、波状の波形を平均化(平滑化)する働きがあり、ここで初めて直流電圧となるわけです。この構成のことを「コンデンサインプット型」と言います。

大型のアンプや電源をしっかりさせようと、各メーカさんが「電源部を強化しました」などの話をしますが、これは前述のトランスの場合、サイズ(容量)を大きくしたり、高効率のトロイダル系コアを使用したりします。

同様にコンデンサも大容量化が行われたりします。

上記の場合、総じて電源を強化するということは、トランスにしろコンデンサにしろ大容量化にあるようですね。

では何故 大容量化が強化したことになるのでしょう?

■まずトランスについて

トランスは、その容量が大きくなることでコア材(断面積)が大きくなり、少ない巻数で大きな電力伝達が可能になります。巻数が少ないということは、=(イコール)トランス内部の抵抗(インピーダンス)が低く抑えられることを意味し、電圧降下が抑制されます。要するにロスが減るって言うことです。

■次にコンデンサ、

細かなことを言い出すと、どんどん深みにはまって行きそうなので、さらっと!

コンデンサの容量を大きくした場合、平滑化された直流電圧の安定性が向上し、急な負荷変動(アンプの場合、SPに大電流が供給されたとき)に対してもびくともしないようになります。それだけ余裕を持つということになります。

■番外編

また、少し凝ったアンプになると、整流ダイオードにショトキーダイオードを使うなどして、ノイズ面での対策も行ったりします。(ショットキーダイオードについては別なところで)

更に、アンプ内のコントロール系と増幅系を完全分離するために、それぞれの回路対しトランスを搭載させたりすることもあります。

クリーン電源メーカに限らないオーディオ機器メーカさんでも、これだけ電源部分に気を使っているんだから、電源の大切さが解かりますよね!

昨日もお伝えしましたが、明日から東京出張です。留守にしますので、しばらくはデブッチョ頼んだぞぉーーー!

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ