みちのく製菓修行

東北アラサー会社員joneyの製菓、製パン、猫日記。

年末年始カンボジア紀行3

2018-01-14 12:51:57 | 一人旅
最強寒波襲来中のみちのくからこんにちは!
寒いのは恒例行事なんで最強寒波であれ大雪であれ「冬だねぇ…(´ω`)」程度の感想しかないのですが(笑)

この間生まれて初めて-15度を体感したの!

-10度は体験したことあるんだけど、-1、−2ってこっちじゃ特に寒く感じない。だってそれは普通の冬だから(笑)流石に氷点下二桁は違う!
肌が刺される位に痛い!そして車のドア開かないwおまけに車に積んである温泉セットのシャンプーコンディショナーが凍るww家の水道も凍るwww

こうなると逆に楽しくなって−15度を半袖体験!とかやったんだけど、今のところ風邪は一切ひいてないよ\(^o^)/逆に体が強くなった気さえする…

カンボジアはあんなに暑かったのに地球ってふっしぎー!

さて長い前置きはさて置き年末年始カンボジア紀行の続編です!

アンコールワットを後にして、次に向かったのはバイヨン遺跡。
アンコールワットはヒンズー寺院が圧倒的に多いのですが、このバイヨンは数少ない仏教寺院。その仏教っぷりも半端なく(笑)至る所に観世音菩薩が彫り込んである仏教キチな遺跡だ!


こちらがバイヨン全景。

まだ内部見学できる時間じゃなくて10分程度待ちながら写真パシャパシャ。





なんか…撮り方下手過ぎて岩にしか見えない…

そうこうしてるうちに見学時間になり内部へ。
最初に迎えてくれる菩薩さんに挨拶。



良いお顔である…(´ω`)



正面からのバイヨン。ここが内部見学スタート地点。


アプサラレリーフ。
各所に刻まれたレリーフはヒンズーの名残を残しつつも仏教寺院なんだよなぁ…
まぁ、仏教もヒンズー由来だしね。






有名な観世音菩薩が彫り込んである場所。
つか、暗っ!これじゃ観世音菩薩がよくみえないじゃないかぁ〜(ノД`)



上部にテラスの窓より(笑)


バイヨンのデヴァターは美人らしい…
デヴァターもさることながら、格子の作りが芸術的だ!


バイヨンの写真もっとあるかと思ったらそれ程なかったのよね。
これは遺跡あるあるだそうなんですが、遺跡写真は見返すとどれも同じに見える…(笑)だそうで。
た、確かに…どれも同じに…www
どの寺院も製法が似てるから似通ってしまうそうな。

でも、後に遺跡巡りを第2の人生に選んだお爺さんに話を聞いたら、アンコールワットもポルポト内戦の修復跡があるから探すと面白いよ〜とのこと。(このお爺さんの話はまた後ほど詳しくご紹介w)
銃弾ね跡とか新しく修復してるから割と簡単に見つかるそう。

遺跡と一言で言っても様々な楽しみ方が出来るので、アンコールワットを含めまた訪れてみたいな…印象も違ってくるだろうし。

何よりも
全て鑑賞しきれていないのでw

次回は自転車借りてゆっくり回りたい。夢はアンコールワットで昼寝です(笑)

仏教徒のせいか、バイヨン遺跡はすごく落ち着きます。なんかホーム?的な…w
菩薩の微笑みって癒されるのね…自分に流れる仏教徒の血を感じずにはいられない、そんなバイヨン遺跡でした。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 年末年始カンボジア紀行 2 | トップ | 年末年始カンボジア紀行4 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

一人旅」カテゴリの最新記事