倉富和子の女のひもとき in USA

生活に緊張感を与える為に、ブログを書く事にしました!心導・縄文ストレッチ・DNAメソッドを広めるため、世界中を巡ります。

高齢者の元気な人をより元気に。It is as energy more about elderly people's fine person.

2014-02-28 07:28:20 |  縄文心導ヒーリング
「高齢社会とは元気な老人が増える社会である」

昨日はクリスタル縄文の会と題して、竹村健一先生をお迎えして、千駄ヶ谷ののヒーリングルーム

で演奏会と縄文ストレッチを、お昼寝しながらの体験をいたしました。

経済大国を戦後作り上げてこられた、今の高齢者といわれる方達は、10代の時に壮絶な戦争体験

をされて来られているので、精神的にも強いものがあります。

竹村先生も現役を半分退かれてはいますが、83歳になられてもテニスを週一回のテニスが楽しみ

の一つという、現役時代の猛烈を知っているものには、先生の才能がまだ社会に生かされて欲しい

という希望があります。


「元気な人をより元気に」のスローガンのクリスタル縄文の会は、埼玉竹村健一未来経営の菊池さ

んからの依頼により発足することになりました。

クリスタルボウルの音の響きは、脳の活性化を促す効果もあり、縄文ストレッチで無理なく身体を

しなやかに若返らせる効用もあります。

私自身も元気な高齢者に仲間入りも近くなり、より多くの元気な高齢者に向けて、「クリスタル縄文」を発信して、行きたいと思っています。

竹村先生のお許しを得て、フェースブックkazuko Kuratomiでご紹介しております。






グレーパンサー越川禮子著より(89歳現役)

障害(要介護)の高齢者5%

部分的な介護な支援を必要とする(要介護虚弱)の高齢者20%

全体の50%は典型的な自立高齢者であり25%は恵まれた優秀老人。

この層は自立以上の力を持ち、障害高齢者と要高齢者の老人を支援する力をも持っていて、米国の

みならず日本を含む多くの先進国に適合します。

典型的な自立老人は勿論、障害老人でさえ中間管理職に対して、心の悩みの相談相手になることも

まれではない。


21世紀の高齢者意識は有償、無償の労働、ボランティアなどの社会貢献活動志向で役割意識と達成

感をもたらす、日本語で言うと「生きがい」を持つこと。

今までの人生経験、知恵、知識、技術を十分生かせる能力もあるのに何故今リタイアしてしまうの

か。自分にとってもコミニュティーにとっても、おおきなロスではないか。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

自分を信じることが大事。It is important to trust oneself.

2014-02-27 07:28:21 | Weblog
子どもの為の防災ストレッチに取り掛かかりながら、大事なことを思い出しました。

スポック博士の、今でも忘れられない言葉は、「自分を信じる」ということです。

「私の本は驚くほど売れたが、その頃は育児書というものがなかったからだ。

人は親になると不安になるから本から知識を得ようとする。

しかしこれが親達を邪魔していることを親は知らない。

子供は親が確信を持って育ててくれることを望んでいるのだ。

私はこの子を心身共に健やかに育てる」という思いがあれば、手探りの方法でも元気になる。

自分はこの子の親だという確信が持てずに本などに頼ろうとするけれど、どの親子も画一ではないのだから、

親としての確信を持つことだ」と。

「スポック博士の育児書」で有名なベンジャミン、スポック博士のメーつセージです。

スポック博士の育児書は日本でも子育てに欠かせないバイブルでした。

1939年に出たこのベビーチャイルドケアの本は、全米はおろか世界各国で39億冊売れたというのですから、大変

なセンセーショナルでした。

何百万人もの両親が抱いていた不安を一掃してくれるものでした。

美智子皇后様も皇太子をお育てになる時にスポック博士の育児書を参考にされたそうです。

私はバーモントの九司道夫先生主催の、マクロビオティツクコンフレンスの講師として呼ばれた折に、スポック博士と初めてお会いしました。

スポック博士は東洋医学というより、日本的なものに心惹かれましたと言って、ご夫妻からメインの自宅に招待して頂き、心導ワークショップを開いていただきました。


スポック博士の凄いところは、自分の自説を晩年になり覆された事です。

「育児書にはミルクを飲みなさい」と書かれていたにもかかわらず、日本のマクロビオティツクに出会い、「ミ

ルクは体に悪い」という事を、記者団の前で発表されたから、「私達を間違った道に連れて行った」と。

ミルク業界又世界中の人から、避難の声が起こりましたが。

スポック博士は、怯まず、「私は分かってくれる記者団の前で話をしました。真実は雫のように滴り落ちてくるもの、その時に必要なことを伝えて行くことです」と。

私は、当時スポック博士は、公的には公表されないだろうと思っていましたが、日本へ帰国後のある日新聞記事

に「ミルクは体に悪い」と大きく報道されているのを見て、「やったあ! 」と、小躍りして嬉しく思いました。

天才とは他人への思いやりの方が、自分の事より絶対的に強い人物に、与えられる才能というものですね。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

子供の防災ストレッチ。A child's disaster prevention stretch.

2014-02-26 04:03:20 |  縄文心導ヒーリング
子供向けの「地震防災縄文ストレッチを作って下さい」と、エレベーター会社の女社長さんから依

頼を受けました。

子育てを終えて何年も経つので、現代の子供達がどんな生活をしているのか。

私の息子と娘は30歳を越えているので、孫の時代になりますが、どんなに変わったのか一緒に住

んでいないので考えています。

長い歴史の中で、日本人が立つ事を主体に暮らし始めたのはつい最近のことです。

私の小さいときまでは、卓袱台に正座する生活が主体でした。

ライフスタイルが変わり、家そのものも「立って、腰掛けて、行動する暮らし」を主

体に造られ、その中で子育てが行われ、「食べる、寝る、遊ぶ、勉強する」の内容も変わりました。

その変化は、子供の身長、体重を伸ばし,体形は欧米化していますが、今や欧米の悩みがそのま

ま日本人の悩みになっています。

同時に大人の病気が子供達にも蔓延しています。

アメリカの子供の糖尿病の多さに愕然としますが、日本もアメリカの後を追っています。

これでは地震防災だけでなく、子供の病気の防災ストレッチも必要な時代になって来ています。

フィンランドは世界で一番糖尿病が多い国です。

義足技術者が多いのも、糖尿病で足を切断する人が多いということからです。

多くなってもらいたくない職業ですが。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

東京で連日縄文の出会い。It is encounter with the Jomon of every day in Tokyo

2014-02-25 08:24:36 |  縄文心導ヒーリング
昨日は図師小野時路歴史環境保全地域散策に参加いたしました。

途中に雪がまだ積もっているので、「長靴を履いてお越しください」と、黒田さんから連絡を受け

たので、昨日の今日で長靴が用意出来ないので、お断りいたしましたら、「遠道になりますが、雪

がない道を行きますので、是非ご参加ください」と、ありがたいお言葉で、行く気になりました。


ここは日本里山100選の中で東京地区で唯一指定されている里山、田極組合長の出迎えを受け、

この地域の歴史、市の銘木「巨大しいの木」切通しに埋まる縄文土器などの説明を受ました。

21日の縄文学協会の勉強会で町田市、相模大野縄文遺跡のセミナーに参加し、私の家のすぐ側に

縄文土器がいっぱい発掘されているのを知り、サンフランシスコからよくぞ運ばれて来たものだ

と、感心しながらいつかこの現場に行ってみたいと思っていましたが。

ところが3日経ったらすぐにその発掘現場に運ばれ、驚きと同時に縄文に対する思いが天に通じた

のではと。

ただの散策だと思っていたのが、そうではなく縄文の里で、縄文土器がまだ土壁の切通しに埋ま

っていたり、竪穴住居の柱の後をこの目でしっかり見てきました。

縄文土器の破片は持ち帰ることは禁止されています。

その破片をどこか他のところに捨てたら、将来的にそこで発掘された縄文土器になることで、発掘

作業が始る可能性もあるそうですので。


昼食は小野路宿里山交流館で、地元産のうどん定食を参加者12人とご一緒に頂きました。

小野神社と萩生田農場をたずね春の訪れを知らせる里山に、日本の四季の移り変わりを堪能しました。

「真光寺川をきれいにする」メンバーの方達とご一緒しましたが、皆さんリタイヤーされています

が、川掃除に参加される方達ですので、心身がお元気な明るいシルバーでした。

明治天皇教育の研究をされている84歳の男性から、散策の途中お話を伺いながら、勉強させてい

ただいたり、貴重な時間を過ごすことが出来ました。

縄文の穏やかな自然環境が残されていて、山田洋次監督が愛されている小野路里山とお聞きしまし

た。


黒田さんにこの機会を与えていただきましたこと、改めてお礼申しあげます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

肩こり戦場の戦友。The war comrade of a stiffness the shoulders battlefield.

2014-02-24 06:58:39 |  縄文心導ヒーリング
第二回クリスタル縄文塾を千駄ヶ谷で開催いたしました。

クリスタルボウルの萩田由香里さんの縄文打法と、火炎土器からヒントを得て作った縄文ストレッ

チのコラボは、予想以上の効果が出たようです。

肩こり戦場に生きる現代人、コンピュター時代の肩こりは世界共通です。

東京の大都会の真ん中の千駄ヶ谷に15.000年前の縄文が飛び込んできました。

ボストン帰りの広告会社勤めの女性や、お母さんに連れられて来られていた若い娘さんの肩こりも

大変そう、現代人の心の変化が如実に身体に現れていました。

クリスタル縄文手法のお話が萩田由香里さんからありましたが、彼女は日本太鼓奏者から得た楽譜

なしのインスピレーションから、身体をしならせながらの打法に、私もはじめは度肝を抜かされま

した。

彼女のクリスタルボウルの音は、入道雲のように舞い上がったかと思えが、ストーンと落ちて来

て、横たわっている身体に巻きつく。

ハートチャクラが開き、体中のエネルギーが沸きあがってくるのを感じ、音のバイブレーションの

新しい不思議境地を感じることが出来ました。

ただ一人の男性参加者の後藤君は、身体の力が抜けて途中から眠りに落ちたそうです。

はじめにロック調のバラードで、早い動きの井桁ポーズで腰痛、肩こりに集中し汗を出し体内の毒

素を排出しました。

次にクリスタルボウルの緩やかな波動に乗って、盆ストレッチ、安心ポーズ、勾玉ポーズで瞑想タ

イム。

生徒さんの硬そうな身体の部位に、タッチングしながらストレッチの手助けも忘れずに。

2時間の最後の15分は、萩田さんにもストレッチの仲間に入って、今日の演奏の疲れをほぐさせ

てもらいました。

肩こり戦場の戦友のように、最後は先生も生徒も一緒になる癒しの場を、提供出来れば

嬉しいですね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

獰猛な日々に感謝.Ferocious days are appreciated.

2014-02-23 08:06:17 |  縄文心導ヒーリング
高校二年生さんからのコメントありがとうございました。


nknown (高校二年生)
2014-02-22 11:19:13

僕と同世代の人たちが素晴らしい活躍をしたのをみて、心打たれる思いでした。
今朝、浅田選手のインタビューをテレビでたまたま見ることができましたが、「神の代弁者」と言
われてハッとしました。
淡々と話しているように見えて、実はとても情があるのかと思ってしまいました。
獰猛な日々に感謝するような姿勢でしたね。
僕ら高校生にも何かできることがあるのだと、探してみようと思います。



コメントありがとう!高校二年生さん。

浅田真央選手について、どこかの元首相の言われている20世紀の産物ではなく、宇宙的発想で新

たな人間の「尊厳」「生きる意味」を発見した高校二年生さん。

ソチオリンピックは思わぬ出来事が起こりましたが、世界の祭典が与えた影響はそれぞれですが、

「競争より共生」というスローガンを掲げて、浅田真央選手のトリプルアクセルのように、人類が

真の自由を獲得する開拓者になって行って欲しいです。






オリンピックはギリシャのオリンピュアで、主神ゼウスに捧げる祭典競技が行われた古代オリンピ

ックを復興しようと始められたのがオリンピックでした。

オリンピアの祭典が行われる数ヶ月前からギリシャ全土で戦争休戦を触れ回り、戦争よりも祭典を

と呼びかけました。

オリンピック憲章を平和な世界建設に寄与することをうたっている。(2020縄文革命より)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

縄文のドキュメント映画製作。Document film making of Jomon.

2014-02-22 08:24:47 |  縄文心導ヒーリング
「縄文」のドキュメント映画を作りたいと言われていた、山岡信貴監督(死なない子供,荒川修作製作)が動き出しました。

昨日は縄文学協会理事長の西垣内堅介先生を訪問し、山岡監督をご紹介しましたら、先生も「オーケー!」ですぐに撮影が始りました。

西新橋の縄文学協会オフィスの近くの喫茶店で、山岡監督の質問に西垣内先生が応えるという。

気を張らないで、リラックスムードで縄文の話が始りまると、その場が縄文時代にフィードバックしたような雰囲気になり、心が穏やかになって行きました。

来るときの千代田線の電車の釣り下がりの人を虚仮にした感じの大文字が、遥かかなた縄文の景色に消えて行き、サイコーセラピーを受けているような気にさせてくれるのは、縄文の魅力でもあります。


西垣内先生のお話

「近代社会が作り出した工業化、金融、戦争、その先に行けないでいる社会が来ています。

そこには縄文が手本になります。学校で教えてこなかったが、これから縄文は増えて行きます。

時代の大転換期、地球の大掃除が始りました。その原点が縄文です。

早く気付いて倉富さんのように、歩きまわる人もいますが、まれであります。

縄文人は4時間しか働かなかった。土器をたくさん作り、自然アーティストでした。

遺跡があるところには、自然景観の良いところに全部あり、美意識が高かった。

現代のようにボトル入りの水ではなく、自然の水がきれいな所を選んでいました。

暇があったのでお祭りして盆踊りを踊りました。

今も伝統的に生きている盆踊りは、輪になってやり、繰り返しである種のシャーマン的で無の状態になり、ある霊性が出てきます。」


インタビューが一時間で終わった後に「縄文講座 、縄文人と石の文化」昭和女子大、山本先生の
の講演に参加し、本格的な縄文の軌跡をここでも撮影させて頂きましたので、山岡監督の縄文はラッキーに走り出しました。

山岡監督は「自分も縄文をもっと勉強しなくては、良い作品は作れませんしイメージを膨らませて、岡本太郎のように、世界から見た縄文にも焦点をあわせたいので、海外にも撮影に行きたいですね」と。

縄文のお手伝い出来ることで、私自身の勉強にもなりますし、心のほうも穏やかさを取り戻せますので、数年かかると思いますが、完成が楽しみですね。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

浅田真央選手は神の代弁者か。Is Mao Asada a spokesman of God?

2014-02-21 10:16:03 |  縄文心導ヒーリング
佐村河内守、新垣隆さんのゴースト問題は、ソチオリンピック開催ニュースで潜めていますが、

今年はこの事件に並ぶ、びっくりの出来事が出てくる予感がしています。

19世紀から20世紀のものから100年後を見据えた文化誕生の足音が聞えて来ています。

今年の「甲午」年の隠していられない出来事が飛び出しました。

ソチオリンピックのフィギュアスケートもそうでした。

浅田真央さんのSPのジャンプの失敗続きは、あそこまで行ってしまうのは、サタンの仕業のよう

な、「身体が動かなかった。分からない」と、浅田真央選手の終わった後のインタビューで、ロシ

アの霊媒のような後味が悪いものが過ぎりました。


FRでのジャンプは過去最高の演技でしたが、メダルには及びませんでした。

悪いことの後には良いことがあるという、メッセージであった。そう簡単に終わらないぞとい

う。
オリンピックは神の祭典であるから、魔物がすんでいたりします。

男子フィギュアはSPで完璧、FPで失敗した羽生選手が表彰台に上がりましたが、羽生選手自身が手放しで喜んでいなかった。


強い意志が火事場のバカ力のように発揮(この力というのは神の領域のもの)浅田真央選手も羽生選手も神の代弁者の役割を、これからやって来るであろう困難な時代に生きる我々に果たされたのはないでしょうか。




19世紀に生んだ二人の物理学者の天才がいました。

アインシュタインの相対性理論と、ボーアの量子力学(アインシュタインの相対性理論を批判)では、二人ともノーベル賞を取りましたが、

最後にアインシュタインはボーアに敗れました。

アインシュタインが最後に残したことは、

易は(ボーアの易にもとずく量子力学)は120パーセント当たるが、神はサイコロを振らない。

アインシュタインの言葉がズシリと来るような時代になって来ているのを感じてています。

この意味が今回の浅田真央選手と、重なってきます

メダルを取るとか、誰に勝ったとかのレベルを越え、人間の尊厳を取り戻す演技が出来たことで、ソチオリンピックの役割を果たされたことと思います。

まだ23歳の若さで、スケート人生の選手生活の中で、途中に最愛のお母様を亡くなれた頃なども含め、精神的にも肉体的にも人の一生分の苦労を乗り越えて今日があります。

浅田真央という女性のここから始る人生に、幸多かれとお祈りしています。











コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

新垣隆さんの音楽の境界線。The boundary line of Mr. Takashi Niigaki's music.

2014-02-20 09:05:47 |  縄文心導ヒーリング
佐村河内守氏のゴーストライターで謝罪会見をして、世間をアットいわせた新垣隆さんの桐朋学園

大学の先輩にあたる方から直接、お話を伺いました。

「新垣隆さんは作曲家、ピアニストとして優秀な人で、現代音楽の作曲家故三善晃先生の五本指に当たる優秀な存在の人として、かなり有名で周りからも認められていました。

この度の佐村河内守氏のゴーストライターで謝罪会見をされ、少し老けられた風貌を見ながら、1

8年もの間ゴーストライターをやられていたという、月日は何だったんだろうと、考え込みまし

た。

新垣さんは仕事の一つとして、ゴーストをやられたんだと思いますが、人が良いから断わり切れな

く、利用されたのでは。

途中から佐村河内さんの暴走が始り、ついていけなくなっていた。

音楽家として佐村河内さんの曲を聴いたら、クラシックの本道から外れた音楽で、ショパンが出た

り、バッハが出たりとか普通の音楽家には出来ないことです。

新垣さんは、自分の名前では出せないけれど、ゴーストライターとしては出せる曲で、その曲が

人々の心を打ち、売れたので嬉しかったという気持ちだけで満足されていたのでは。

大学の授業でも歌謡曲なども、取り入れながら音楽の魅力について、幅広く取り組まれていたの

で、生徒達には絶大な人気がありました。

大学に辞表届けを出されたときに、8.000人以上の人達が辞めないでほしいと、生徒達の署名

運動があっという間に集まりました。

高橋大輔選手のオリンピックを汚したくなかったことや、自分で自分を許せなくなったのではない

でしょうか。

佐村河内さんの情熱に盛り上がった事もあり、新垣さんもまだ若かったので、佐村河内さんの指導

力もあり、彼のことを絶対悪く言われていません。

作曲家の三善晃先生が昨年10月に亡くなられたこともあったと思います。

三善先生の愛弟子の新垣さん、音楽生命をかけてのこの度の会見、新垣さんの今後の作曲活動に期待したいと思う次第です」。





新垣さんの学生時代の先輩音楽家の方から直接お話を伺うことが出来ました。

この事件は17世紀から19世紀にかけて作曲されたものを、今もなお忠実に弾き語られているク

ラッシック業界の転機を感じます。

大きなホールでコンサートをし、学閥などの古い体制の中で、窮屈に思う天才達の境界線をこの事

件は象徴されているような気がします。

善と悪の境界線に清水は湧きれ出るのかも。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

雪かきの後の開放感。The feeling of opening after snow removal.

2014-02-19 08:40:05 |  縄文心導ヒーリング
大雪が降った後の横浜でワークをしています。

ある人は雪かきを5時間した後に腰痛が良くなった話がありました。

縄文心導ストレッチをする時の要領で、スコップを雪中に差し込みながら、足の先に重心をかけ、体全体の体重

の移動で上手く救い上げると、余分な力が体に入らないとか。

手作業で体全体を上手く動かすことが体に一番効く方法デスね。

作業の大変さに、これは嫌だなあと思いながらも、日頃は挨拶程度で過ぎて行く、ご近所の人たちとも、励ましあいながら、雪かきが出来て、親しみが出てきたとも、言われていました。

便利だけれども不便な時代を生きている我々に、今回の大雪が教えてくれたことも大切にしたいと思います。

雪かきの後は、心導の経絡体操でストレッチして、大自然と共に体を動かした後の開放感を味わえて、心も体も

スッキリしましたと。










コメント
この記事をはてなブックマークに追加