倉富和子の女のひもとき in USA

生活に緊張感を与える為に、ブログを書く事にしました!心導・縄文ストレッチ・DNAメソッドを広めるため、世界中を巡ります。

今年の最後に嬉しかった事!

2008-12-31 05:27:22 |  縄文心導ヒーリング
堀さんが育成されたディープニングインストラクターの皆様が夕食会を開いて下さいました。後藤さん、塚田さん、中本さん、伊藤さんの4人と始めてお会いしました。いろんな質問も出ました。皆さん若さにあふれ、素直で明るく良いエネルギーで、次にお会いしたときには皆様のヒーリングを受けてみたくなりました。室館社長もご一緒されました。縄文心導に会社が取り組むようになり、業績も右上がり、今年の健康診断では去年よりみんな元気になっていたそうです。キリロラさんも参加されました。


アメリカでの1日の生活はどういう風に過ごされていますか?という質問がありました。
夜は8時前後に眠くなります。朝4時ごろに目が覚め布団の中で2時間くらい縄文ストレッチをしながら瞑想状態、元気に飛び起きメールをチェックします。朝食した後シティーカレッジに行きます。駅まで歩いて25分、結構な坂道です。11時ごろから学校のカフェーで英語の宿題なや学生と会話を楽しみます。
学校が3時半に終わり、家に4時半に帰りつきます。縄文ストレッチで一休みした後犬の散歩、夕食の後は自由時間、サンフランシスコの生活はアットいう間に時間が過ぎます。お休みの日は散歩と読書などです。、閃きの空間の時間を大切にしています。
来年は仕事モードに入ります。1月1日からフィンランド、エストニアへ、毎日のようにワークが入っていますので、気合を入れて取り組みたいと思います。2月下旬にドイツ経由でサンフランシスコへ帰ります。

フィンランド、エストニア、アメリカのワークにも参加下さいね。

堀さん今年は頑張りましたね!
私の意志を継いでくださり有難うございます。
来年も皆様にとって良い年でありますようお祈りいたします。




コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

児玉さん宅2日目の散歩

2008-12-30 16:33:19 |  縄文心導ヒーリング
今日は暖かい日でした。真理さんと児玉さんと3人でするヒーリングを午前中2時間みっちりやりました。仰向けに寝て横の胆の経絡を一人の人に二人ががりでやると、経絡は見事に緩みます。真理さんが言うには、二人で申し合わせたようにタイミング良く経絡にはまり気持ちよかったそうです。心導ヒーリングで幸せ!
すっきりした所でおにぎり持参で裏山にハイキングに行きました。落ち葉が一杯の土を踏みながらの散歩は気持ちよく汗が一杯出ました。丘の上に出るとサンフランシスコの家の近くの丘と同じ風景で、海が前方に見えビルがある横浜の町が一望されるところでお昼のおにぎりを食べたらおいしかった~です。

これで明日のフィンランド行きは元気一杯!で旅立てます。

日本の皆様お世話になりました。
フィンランド、エストニアのワークの様子などブログにか書きたいと思います。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

息子の有為、美和子夫婦と夕食

2008-12-30 16:08:13 |  縄文心導ヒーリング
捜索願いを出そうかと思っていたョ!と電話した先の息子から言われました。
5月に日本を出発し、フィンランドから一度絵はがきを出しただけでしたので、半年近く連絡なし、日本へ帰国したら一週間後にフィンランド、エストニアへ行くと聞いて母親の鉄砲玉のような動きに、息子夫婦はあきれていました。行方を捜すのに「女のひもときブログ」をみて、12月25日に帰国しますという事を知り安心したようですが、29日の夕食を鶴川の焼き鳥屋でする時間が取れました。
息子は母親の後ろ姿を見て、「自分はジィツトここに居て平凡に生活するのが、良いのかも」と言っていました。35歳になった有為君は会社を経営、10人の社員さんがいて頑張っていますので、私としては、安心!二人の子供と家族を大切にしていてくれれば良いなと思いなるべく邪魔にならないように心掛けているつもりですが。
次にはいつ帰るの?と聞かれ、多分初夏頃ですと答え別れました。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

児玉さんのお宅に来ています。

2008-12-30 06:48:37 |  縄文心導ヒーリング
7ヵ月振りに東京帰り、お世話になっている皆様にご挨拶廻りを終え、横浜の児玉さんの家を訪問しています。富士山が家の中から一望に見える絶景にあり、緑に囲まれた素敵な環境にあります。
二泊三日滞在し児玉さん、真理さんとヒーリングのやりあいをし、散歩したりして体の癒しあいをしています。母子で縄文心導インストラクターです。ご主人は世界を飛び回られているビジネスマンをされていましたが、、リタイヤー後フランス人がオーナーの会社の仕事をされている国際人です。夕食の鍋を囲みながらいろんなお話を伺いました。経験から今又一緒にビジネスをやりたいと思うのは、イギリス人だそうです。彼等は優秀!インド人は信用出来ない,等話されていました。児玉家は音楽一家で、真理さんはオーケストラのバィオリン二スト、ご主人は趣味でチェロ、児玉さんはピアノの先生をしてありました。家族でヒーリングが必要!だそうです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

原宿で楽しんでいます。

2008-12-28 17:52:26 | Weblog
コーポオリンピアにはキッチンはありませんので食事は外食です。滞在中、半断食に徹することにしました。動物実験で、飢餓状態を体験した動物は長生きすることが発表されていましたが、糖尿や生活習慣病は過食によるものですから、食べないことは今の時代リッチ!部屋のエネルギーが良いので、気持ちよく生活出来ています。本当にこのゲストルームは快適で気に入りました。

3日目10時に青山の致知出版の藤尾社長を訪問いたしました。致知11月号の「特集挑戦者たち」の中の佐村河内守氏のインタビュー記事に、全聾の作曲家に聞く「我が人生の挑戦」作曲家が耳が全く聞こえなくなる。音がなくなったからからこそ音楽しかなくなった。ゲームソフト「鬼武者」で世界的評価を受ける。交響曲など作曲、闇を背負い、生きる事そのものが挑戦!と書かれている記事は感動しました。
体から音を拾いだし、自分の中の闇と光を見出しながら感だけを頼りに、音楽を作る事が生きる事になった。闇の中で苦しんでいる人々に小さくてもいい、一筋の光をもたらすことができればと願っていると書かれていました。
手足の末端は末梢神経の反応点が集中していて、音楽はすべて末梢神経が司っているからです。ピアノもドラムも管楽器も手足の指がなければひけません。末梢神経で感じたものは、永遠な響きとして体内に残っているんですね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

7ヵ月振りの日本で再会!

2008-12-26 05:07:29 | Weblog
25日はDNAメソットの講習会をコーポオリンピアでいたしました。少し狭いけれどもこのマンションで体験したかったのは、渡邊昇一先生始め今は有名になられた作家の先生方が出版社の依頼で、このマンションで書き物をしたというエピソードをじかに参加者の堀さん児玉さん、長谷川さん、荻原さん達に体験してもらいたかったからです。確かに静かで原宿の騒音は聞こえません。何か心が落ち着き集中力がつく空間にビックリしています。

明治神宮前に荻原さんをお迎えに行きました。飛騨高山からサンフランシスコ通信のメールのやりとりで日本にいても手にする事がない情報を次々と送って頂き有り難かったです。お顔も知らない荻原さんなので、早めに約束の場所に行き待っていましたら、リュックを担いだ男性が、人を待っていられる様子でしたので、お声を掛けようかと思いましたが、私を見ても知らん顔されたので止めました。ご本人から縄文顔していますとお聞きしていましたので、その人の目は弥生の目で細くはれぼったかったので、違うな!と。そうしていましたら、神宮の中の参道を背に歩いてこられている荻原さんに、時間ちょうどの9時半にお会いすることが出来ました。本当に縄文顔の毛深く目が大きく、沖縄人のお顔をされていました。
7ヵ月振りに会う皆さんです!涙が出そうになりました。堀さんも縄文心導協会会長の役目もしっかりやってくれていて、いつもの笑顔で迎えてくれ、また長谷川さんも一緒に、そして児玉さんが若い堀さんたちを支えていてくれる事などを感じ、感動の再会を明治神宮前の歩道橋でいたしました。DNAメソットのサンフランシスコの坂道と空海の身体性のワークは荻原さんのお陰で、より深く大胆な身体性に繋がって行くのを感じました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

東京へ着きました。

2008-12-25 08:06:28 |  縄文心導ヒーリング
サンフランシスコ国際空港は超満員、搭乗手続きに3時間並びました。八重子さんのホームメイトの加奈さんが、偶然カウンターで私の搭乗手続きをして下さり、良い席まで用意下さいました。ラッキー!映画鑑賞とヒーリング三昧で楽しい飛行旅でした。
東京に着いてホッとしました。海外でリラックスしたつもりですが、何処かで肩が張っていたんだなあと、わかりました。肩の重みがなくなったみたいです。

コーポオリンピアは萩原恵子さんのマンションのゲストルームです。明治神宮前の原宿ですが、とても静かなのにビックリしました。
一週間の短い滞在ですが、スケジュールも決まり有意義に過ごしたいと思います。
今回が時差を感じないでいます。サンフランシスコの坂道のお陰かもしれません。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

サンフランシスコ最後の夜

2008-12-24 00:57:02 |  縄文心導ヒーリング
サンフランシスコ最後の夜、韓国風銭湯へ八重子さんCokoと3人でゆっくりしました。スティームサウナ、岩盤の上に寝て縄文ストレッチすると何時の間にか睡魔に見舞われた八重子さんは、目を覚ました後、「私も1月はお店は暇だからフィンランドへ行こうかしら!フィンランドは今は一日中暗く雪に覆われていて、防寒靴で歩くの?フィンランドとエストニアでどういう風に縄文心導が行なわれているのか見たい気がします」と。
サンフランシスコ空港の12時発の日本航空で日本へ帰国いたします。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

明日日本へ帰国します。

2008-12-23 02:45:50 |  縄文心導ヒーリング
雨が降りサンフランシスコも冷えています。クリスマスの食事会に八重子さんのお宅を訪問しました。家には息子のラク君大学生20歳(哲学専攻)が帰って来られていて、鍋の準備をCokoと二人でしてくれました。ラク君のお父さんはイタリア人だったとかで、黒髪、黒目、端整な顔立ちはイタリアの彫刻のように凛々しく、しかし顔に似合わずK1のキックボクサーのプロをめざしていて、15歳からボクシングをやっているそうですが、1年半後に大学が終わったらタイに行きデビューすると、母親の八重子さんは悩んでいます。子供が体を酷使するのをみるのは、忍びないと。K1は25歳まででピークなので後は哲学者になると、彼は両極の極みを生きています。デザートを買いに出かけたCokoのボディーガードについて行ったり、母子家庭の八重子さんをしっかり守っているラク君に会えて嬉しかったです。八重子さんの友人など7人で鍋を囲みました。久振り!
アーティスの人たちなので、縄文ストレッチもアート的にワークをみんなでやりました。ラク君もしっかりストレッチして下さいね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

日本の医療保険制度

2008-12-22 02:17:16 |  縄文心導ヒーリング
アメリカの医療制度は最悪!歯がない人を多く見受けます。治療費が高くて医者に行けません。70歳になったある日本人の男性は健康面に不安が出てきたので、日本に帰ると言われていました。年を取ったら日本に帰りたいという人が多くいて、日本の医療制度は団塊の世代の人の長生きも含め、老人大国を作りそうです。
オバマが打ち出す医療制度にみんな関心があります。日本のように医療費3兆円という数字が出てくると、国家予算が破裂します。保険制度をオバマがいかにアメリカで作るもかも見ものです。文明人に多い病は細菌性のものではなく、心臓病、肝臓、糖尿病、腎臓、高血圧、他自立神経の病気が多くこれらは医者にかかるより、予防医学で管理出来ることなので、自分の健康管理をする為に昔の人の智恵が必要、ネィティブアメリカンのリーダーであるデニスバンクス(72歳)はタバコとドラック絶滅の運動を若者にしています。長老は引退しないで、自分達が先祖から受け継いだ智恵を次世代に伝えて行く役割があるのでは。幸い日本には多くの偉人から言い伝えられてきた智恵が多くあります。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加